お弁当にもぴったり♪「ブロッコリー」七変化レシピ5選

栄養はもちろん、茹でるだけ・チンするだけで食べられる楽ちんさも魅力のブロッコリー。

本来の旬は秋の終わりごろから春までだそうですが、収穫時期をずらしながら栽培されているので、1年を通して朝食の定番野菜になっていますよね♪

今回は、簡単に作れて、朝のトーストやご飯のおともに、そして、お弁当おかずにもぴったりな「ブロッコリー」のレシピをご紹介します!

材料2つで簡単!「ブロッコリーのチーズ炒め」

材料2つで簡単!「ブロッコリーのチーズ炒め」

ブロッコリーをスライスチーズと一緒に炒めると、溶けたチーズが香ばしくブロッコリーに絡んで…塩ゆでとはまた違う美味しさを味わえる一品!

チーズは冷めると固まるので、水分が出にくく、お弁当おかずにぴったり。朝ならもちろん、とろける熱々を味わえます!

カレー粉やブラックペッパーなどのスパイスを振ったり、ごまをまぶしたりしてもgood!

(旬だから甘くて美味しい!ブロッコリーのチーズ炒めのお弁当  by:かめ代(亀山泰子)さん)

詳しいレシピをチェック>>

下茹でなしで楽ちん♪「ブロッコリーの肉巻き」

下茹でなしで楽ちん♪「ブロッコリーの肉巻き」

面倒そうな野菜の肉巻きですが、こちらはブロッコリーをスライスしてペタンコにすることで、下茹で要らず、生のまま巻いても中まで火を通せるといううれしいアイデアレシピ♪

ちょっとした手間でも、下茹でがいらないのは、忙しい朝にはやっぱり嬉しいですよね。

(下茹でなし!時短でおいしい「ブロッコリーのぺたんこ肉巻き」のお弁当   by:かめ代(亀山泰子)さん)

詳しいレシピをチェック>>

白×緑でさわやか!「ブロッコリーのおかかクリチ和え」

白×緑でさわやか!「ブロッコリーのおかかクリチ和え」

ブロッコリーのおかか醤油和えに、洋風テイストをプラス!クリームチーズを合わせることで、コクと食べごたえのある一品に♪

お弁当にいれるときは、ブロッコリーの水気をしっかりきることがポイントだそう!

白×緑のコントラストもさわやか☆

 

(「ブロッコリーの“おかかクリチ和え”」  by:ATSUKO KANZAKI (a-ko)さん)

詳しいレシピをチェック>>

絡めて焼くだけ☆「ブロッコリーのカレー衣」

絡めて焼くだけ☆「ブロッコリーのカレー衣」

こちらは、カレー風味の衣をつけて焼き上げる、食欲そそる風味がうれしい一品。

茹でて食べることが多いブロッコリーですが、揚げ焼きにすると香ばしさとうまみがアップ♪しますよ。お子様にもおすすめ!

(焼くだけ簡単!旬野菜のお弁当おかず「ブロッコリーのカレー衣」 by:かめ代(亀山泰子)さん)

詳しいレシピをチェック>>

一緒に茹でればカンタン♪「ブロッコリーと卵のサラダ」

一緒に茹でればカンタン♪「ブロッコリーと卵のサラダ」

最後は、ゆで卵とブロッコリーを、マヨネーズで和えた、朝のパンにもお弁当の隙間おかずにもぴったりなサラダ。

卵とブロッコリーを一緒に茹でることで、お鍋がひとつで済むのが◎硬めのブロッコリーがお好みの場合は、卵よりもあとから加えるなど、ゆで時間はお好みで調整してみて。

ちょっとはちみつを加えるのが、優しく豊かな味わいに仕上がるポイント♪

(ブロッコリーとボイルドエッグのぽってりサラダ by:Runeさん)

詳しいレシピをチェック>>

…いかがでしたか?

今回は、ブロッコリーの朝ごはん&お弁当向きレシピをご紹介しました。朝ごはんにもお弁当にも便利なブロッコリー。

いつもの塩茹でに飽きたら、簡単アレンジレシピをお試しくださいね♪

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング