もう臭わない!キッチンを快適にする秘密兵器と使い方

 

kitchen-728718_640

5月30日:今日は「ゴミゼロの日」

買い物のときにマイ・エコバッグを使ったり、詰替え用のシャンプーを利用したり…。企業も買う人も、ゴミを減らすことを意識するようになったここ数年。資源ごみの分別など、リサイクルを心がけている方も多いのではないでしょうか。

最近は、スーパーでプラスティック容器を回収していたり、お中元の簡易包装が定着したり、昔に比べると”ゴミ”になるものは少なくなっていますが、どうしても出るものが、生ごみ。これからは、その”臭い”が気になる季節になりますが、ちょっとの工夫で、その臭いを抑える方法があるようですよ♪

「新聞紙」と「重曹」で、におわないキッチンをキープ!

暖かくなってくると、生ゴミの臭いが気になりますよね。その臭いの原因は、”酸素はキライだけど水分はスキ”、という微生物が活動することによるもの。ビニールのゴミ袋の中は、酸素が少ない上、食べ残したものや野菜クズには水分がたっぷり!微生物にとって最高の条件です。

そこで、この”臭い”を抑えるには、微生物の活動を抑えることがポイントに。生ゴミの約70%は水分といわれているので、「ゴミの水分を減らすのがベスト」なんですって。

でも、生ゴミを乾いた状態にするのは…現実的にはちょっと難しいですよね。そこで、「新聞紙」と「重曹」を使うと、簡単にこの臭いを抑えることができるのだとか。

例えば、野菜や果物の皮を新聞紙でクルッと包んでゴミ袋に入れると、新聞紙が水分を吸収して野菜の皮などが腐りにくくなるうえ、新聞のインクには防虫・効果消臭効果があるため、臭いをおさえてくれることに。

そして、お掃除にも大活躍する重曹は、消臭と吸湿効果にもバツグンの効果を発揮する魔法の粉。生ゴミにふりかけておくだけで、臭いの発生を抑えてくれるといわれています。

他にも、抗菌作用のある酢やコーヒーかす・茶殻を生ゴミにかけると臭いの発生を抑えてくれるそうですよ。

また、生ごみは温度が高くなるほど腐りやすくなるため、ゴミ箱は、日の当たらない場所に置くこともポイントに。

このように、身近にあるもので生ゴミの臭いを抑える方法は、思いのほか多くあるようです。お財布と環境にやさしい方法でイヤな臭いを抑えて、暑い季節を快適に暮らしたいですね♪

100均アイテム活用!素敵なキッチン収納アイデア3選

a92576e7bf48d5623789c6ffe5c68fd12b7fccea

におわない快適なキッチンを手に入れたら、収納も快適&おしゃれにしてみませんかー?100均のアイテムを活用して、素敵なキッチンをかなえてくれる収納アイテム&実例をご紹介します♪

詳しくはこちら♪ >>

「ゴミゼロの日」とは?

「ゴ(5)ミ(3)ゼロ(0)」の語呂合せから、1993年に厚生省がこの日を初日とするごみ減量化推進週間を制定したことに由来する。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

今日は何の日 朝のコラム [更新終了]

毎日が記念日!今日は何の日?と知っているとちょっとハッピーなお話 [更新終了]
Written by

小原由美子

シンプルに毎日を過ごしています。外国や日本の文化に触れているとき、美しい景色を見つけたときが、Happy!

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング