幸せへの近道!「ポジティブ脳」を鍛える方法3つ

6fb987477ae070dd1a47ee773fa08ac0_s

5月29日:今日は「幸福の日」

いつもハッピーでいたい!と思っても、落ち込んだりネガティブになってしまうことってありますよね。でも、ハッピーでいるよう心がけることって、それだけで、アンテナをピンとはっている証拠。その分、幸運もキャッチしやすいようです。

今日は、気持ちが落ち込んだ時、いち早く回復するための方法をいくつか紹介したいと思います♪

「ポジティブ脳」でハッピーになるコツとは

「ポジティブでいよう!」と思っても、落ち込んだりヤル気がでないときってありますよね。人間ですもの、それって当たり前。

でも、普段ポジティブな人なら、その状態から早く抜けだすことができるようなのですが、そこには次のような、”脳”のしくみが関係しているのだとか。そんな「ポジティブ脳」は、次のようなアクションで鍛えることができるようですよ。

1. 感謝の気持ちをもつ

周囲の人に感謝する。たったこれだけのことですが、毎日この”感謝”を伝えていくと、頭のなかに感謝の気持ちの割合が多くなり、ポジティブ体質に。ジョキングや筋トレでカラダを鍛えるように、感謝を続けていくことで、脳を鍛えることができるんですって。

2. 声を出して笑う

簡単なことのようですが、思い出してみてください。「大笑いしたのっていつだっけ?」と考えると、意外と「声を出して」笑っていないことに気づくかも。

声を出して笑うことは、ストレスを和らげ、不安や精神的な症状を緩和してくれるんですって。ニッコリ微笑むだけでも、ポジティブな記憶は呼び起こされるそうですが、大声で笑う方が効果大!

3. 幸せな人と一緒にいる

シンプルなことですが、幸福感は伝染するという研究結果があり、近くに幸せな人が多いほど、自分も幸せになっていくのだそうです。「類は友を呼ぶ」と言うことからも、納得できものがありますよね。

このほかにも、「口角をあげて笑顔でいる」「特技を身につける」「自己管理をする」「背筋を伸ばして大股で歩く」「人に親切にする」「午後のお茶、おめざなど、ささやかな時間を楽しむ」といった方法も、ポジティブ脳につながるのだとか。

幸せな人やポジティブな人ほど長生きをすることは、科学的にも明らかなようですが、気持ちがカラダに与える影響というのは本当に大きいもの

寂しいときや悲しいときは、その感情をしっかり吐き出すことが大切ですが、その後、気分を上げるのは自分次第。感情を放った後は、ちょっぴりガンバって、グッと顔をあげてみる。そうすると、思いのほか早く回復するかもしれませんね♪

毎朝の「引き寄せ深呼吸」で、ラッキー体質!

2_1600-1024x768

毎朝の習慣にしたい!呼吸のプロ自ら実践する「ラッキーを引き寄せる深呼吸」のコツをご紹介します♪

詳しくはこちら♪ >>

「幸福の日」の日とは?

五(こ)二(ふ)九(く)で「こうふく」の語呂合せから、グリーティングカードや慶弔ギフトなどを販売する株式会社ヒューモニーにより制定された。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

今日は何の日 朝のコラム [更新終了]

毎日が記念日!今日は何の日?と知っているとちょっとハッピーなお話 [更新終了]
Written by

小原由美子

シンプルに毎日を過ごしています。外国や日本の文化に触れているとき、美しい景色を見つけたときが、Happy!

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング