【1番美味しいのは?さつまいも 比較実験】レシピ動画

1)茹でる(鍋で弱火 45分) 2)オーブン(100℃ 90分→200℃ 30分) 3)BONIQ(80℃ 90分→95℃ 15分) 4)BONIQ(95℃ 90分) 5)電子レンジ(600W 3分→100W 10分) 一番美味しく甘くなるように温度と時間を想定し、 それぞれの方法で作りました。
材料
1人分
  • さつまいも(輪切りの直径4.5cmの鳴門金時) 
  • 塩 
作り方
1時間以上
  • 1)茹でる(鍋で弱火 45分) 鍋に水と塩適量を入れ、さつまいもを弱火で茹でる。 直径4.5cmのさつまいもで約45分で完成。
  • 2)オーブン(100℃ 90分→200℃ 30分) ホイルに塩を1つまみ振り、洗って濡れた状態のさつまいもを巻く。 100℃ 90分、さらに200℃で30分。
  • 3)BONIQ(80℃ 90分→95℃ 15分) 洗って濡れた状態のさつまいもと塩1つまみをフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて密封する。 設定温度に達したらフリーザーバッグをBONIQの湯せんに入れて低温調理をする。 80℃ 90分、さらに95℃に上げて15分。
  • 4)BONIQ(95℃ 90分) 洗って濡れた状態のさつまいもと塩1つまみをフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて密封する。 BONIQに95℃ 90分かけて低温調理をする。
  • 5)電子レンジ(600W 3分→100W 10分) 洗って濡れた状態のさつまいもを濡れた新聞紙で包み、電子レンジにかける。 600W 3分、さらに100W 10分。
  • 《作る際のポイント》 さつまいもが甘くなるのは、さつまいもに含まれるβーアミラーゼという消化酵素が加熱されて、麦芽糖という甘味成分を生成するためです。この温度が70~80℃と言われておりこの温度帯をいかに長く保つことが出来るかで、さつまいもが甘く仕上がるかが決まります。 最後に高温にすることによってセルロースが破壊され、甘味を感じやすい食感となります。
ワンポイントアドバイス
《作った感想》 ※輪切りの直径4.5cmの鳴門金時の場合です。 1)茹でる(鍋で弱火 45分) しっとり、ねっとりして美味しいが、甘さ控えめ。少し水っぽさが残念。 2)オーブン(100℃ 90分→200℃ 30分) 皮の香ばしさが加わって美味しい!しっとりして甘い! 3)BONIQ (80℃ 90分→95℃ 15分) ほくほくして美味しい!この中では一番甘い! 4)BONIQ (95℃ 90分) しっとりして美味しいが、2)、3)と比較すると甘さ控えめ。 5)電子レンジ(600W 3分→100W 10分) カスカスになってしまい、甘味も残念。もっと短い時間で上げれば良かったが、それもあまり期待できない。 結論: 2)オーブンと3)のBONIQ(80℃ 90分→95℃ 15分)に軍配。2)のしっとりとして香ばしいさつまいもは、そのまま食べてもとても美味しく、3)はホクホクしてサラダや混ぜご飯、お菓子に入れても◎。用途によって、お好みによって、気分によって、使い分けてみてください! また、さつまいもの太さによって時間を調整してください。 ちなみにこの実験をする際、失敗と調整を繰り返し、さつまいもを10本以上食べました。。。
レシピの投稿方法:姉妹サイト「レシピブログ」に会員登録の上、レシピ投稿の際に「レシピテーマ」で「朝ごはん」にチェックを付けて投稿されたものは朝時間.jpにも表示されます。

このレシピを投稿した人
Nice to meet you!

低温調理器 BONIQさんのレシピ(2件)