BLOG

カバーも素敵!文庫で楽しむ「外国文学」6選

 

今日のカフェボンボンの本棚は、文庫で楽しむ外国文学の特集を。

外国文学を読む醍醐味は、日常を軽々と超えた物語と出会えること。刺激的でロマンティック、ときには奇想天外な世界へ。しゃれた装丁の文庫を片手に、外国文学への扉を開けて!

南仏の太陽がまぶしい
愛と悲しみのストーリー。

あの夏、わたしは17歳で、文句なく幸せだったーー。パパとその愛人と海辺の別荘で幸せなバカンスを過ごすセシルだったが…。父親の本気の恋、セシルの若い恋や嫉妬に熱く胸が焦がれる。ジーン・セバーグ主演の映画版もぜひ。

20150826

悲しみよ こんにちは
著者:フランソワーズ・サガン/訳:河野万里子
出版社:新潮社

***

現実と空想がとけ合う
奇想天外な短篇集。

小鬼と人魚、火の手と氷の手をもつ少女たち、人間から逆進化する恋人。「溝への忘れもの」では戦争で唇を失った夫への深い愛と悲しみを切なく描く。風変わりな物語の向こうに、心がひりつく愛の姿が透き通るように見えてくる。

20150826b

燃えるスカートの少女
著者:エイミー・ベンダー/訳:菅啓次郎
出版社:角川書店

***

ノーベル賞作家の
幻想に満ちた物語。

コロンビアの作家ガルシア=マルケスの傑作短篇集。流れ着いた美しい水死体は女たちの心を奪い、砂漠の風が無垢な少女の不運の元となる。南米の地に深く根ざした物語に立ち込める匂いや熱い空気が、登場人物の運命を暗示する。

20150826c

エレンディラ
著者:G・ガルシア=マルケス/訳:鼓直・木村栄一
出版社:筑摩書房

***

甘くて詩的な
西瓜糖の世界で。

ブローティガンの傑作。西瓜糖でできた村に現代社会を映し出し、ヒッピーのコミューン的な場所に住む人々の愛と平和を幻想的に描く。曜日ごとに違う色で輝く太陽、西瓜糖の匂いを放つドレス。甘くメランコリックな世界の虜になる。

20150826d

西瓜糖の日々
著者:リチャード・ブローティガン/訳:藤本和子
出版社:河出書房新社

***

イタリアの作家が紡ぐ
至福のショートショート。

イタリア全土を旅するセールスマンが、毎晩電話で娘に聞かせたお話という設定。子供も王様も地球を軽やかに飛び出す。ウエイター見習いはお盆にビールをのせたままジャングルや金星へ。自由で幸福なロダーリの読書体験を味わって。

20150826e

パパの電話を待ちながら
著者:ジャンニ・ロダーリ/訳:内田洋子
出版社:講談社

***

電気器具が大活躍!
キュートなSFメルヘン。

伝説的名作『歌の翼に』で有名な作家がユーモラスに描く、トースターや掃除機の大冒険。森の別荘に残された電気器具たちが寂しさを募らせ、遠くの町のご主人のもとへ。勇気と友情で困難を乗り越えて進む、健気なみんなに胸キュン。

20150826f

いさましいちびのトースター
著者:トーマス・M・ディッシュ/訳:浅倉久志
出版社:早川書房

各作品、詳しくはこちらの記事をどうぞ。
『悲しみよ こんにちは』
『燃えるスカートの少女』
『エレンディラ』
『西瓜糖の日々』
『パパの電話を待ちながら』
『いさましいちびのトースター』

ラブ&ピースな一日を♥
Love, まっこリ〜ナ

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング