[あしたの朝ごはん]第53話:食う寝るところに住むところ

(この物語のあらすじ)

フリーライターの莉子は、店主のハルコさんおいしい朝ごはんを作る「カフェ あした」の常連客。東京から遠く離れた架空の小さな街・夢野市で、愉快な人びとや魅力的な食材が出会って生まれる数々の出来事。

そんな日常の中で、主人公の莉子が夢をかなえる鍵を見つけていきます。最終週(第8週)は「種をまく」。

CG139_L

第53話:食う寝るところに住むところ

これまでのストーリーはこちら >>

(最終週(第8週):種をまく)

「東京に戻ってからも、夢野市で過ごした時間が忘れられなくて。いろいろと調べていたら、古民家も耕作放棄地もたくさん余っているみたいで。

ケイも乗り気になって、2人で移住することにしちゃった。畑はただで借りられるというし、家賃は東京の5分の1だし。

わたしには、こういう生活が性に合ってたのかもしれない。

だって、やりたかったことは、おいしい料理をつくる、ただそれだけだもの」

ハルコさんは穏やかに話した。

わたしは、その話を聞いただけで答えをもらった気がした。

「莉子ちゃん、食べるものを確保できるって自信になるわよ。

人間どんな風にも生きていける。自由に、やりたい仕事をやれる近道になるわ。

そうだ、きょう、プチトマトやイチゴがたくさんなっていると思うの。今から収穫してきてもらえないかな?熟する前に早めにとってしまいたくて」

お手製のグラノーラを食べてお腹が満たされたところで、ハルコさんに渡されたかごを持って畑に出た。

誰もいない静かな畑。

ここにいると自分と対話できるような気がする。それは瞑想に近いかもしれない。

赤い果実を探してもぎ取りかごへ入れていくだけの単純作業が、心をまっさらにしていく。

トマトをひとつ、口の中に放り込む。びっくりするほど甘くて、フルーツみたい。

体を動かすと無心になれるんだ。

子どものころに嗅いだ懐かしい土のにおい、湿った柔らかい土の感触。鳥のさえずり、農道の脇を流れるせせらぎの音。

ざわついていた心が穏やかに落ち着いていく。思索にはもってこいの時間だ。

部屋に戻ると、ハルコさんはだいぶ良くなったのか、起き上がってゆっくり歩いていた。

「突然お店を休んだお詫びもかねて、前から考えていた計画があるの。

梅雨入り前に、うちの畑で朝ごはんパーティーをしない?参加料はいつもの朝ごはんと同じ、500円」

とった野菜をその場で食べる。鮮度が何より重要な野菜たちは、その場で食べるのが一番おいしいという。

「ぜひやりたいです!」

楽しみで胸が高鳴る。

(明日の朝につづく)

今日のおすすめレシピ「もぎたてトマトで作りたい!アボカドトースト」

(ストーリーに関連するおすすめレシピや記事をご紹介します♪)

トマト&アボカドトースト

「食べるものを自分で確保できると、やりたい仕事をやる近道になる」。ハルコさんの言葉、心に、そっと響きませんか?

食材は買うもの、と決めるのではなく、自分で育てることで、「食べるために働く、仕事をえらぶ」という当たり前から解き放たれて、自由になることができるのかも… 夢野でそのことを実現しているハルコさん、うらやましい気もします!

莉子のように、もぎたてのトマトが手に入ったら、作ってみたい、トマト&アボカドトーストをご紹介します♪

トマト&アボカドトースト」(by:あやんさん)

レシピはこちら♪ >>

(この小説は毎朝4時更新です。続きはまた明日!)

★この物語の登場人物
波多野莉子(はたの りこ)・・・一人暮らしのフリーライター。30歳。夢野市で生まれ育つ。
ハルコ・・・朝ごはんだけを出す「カフェ あした」の店主。34歳。莉子に慕われている。

これまでのストーリーはこちら >>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝の小説「あしたの朝ごはん」

毎朝更新。朝ごはんがおいしいカフェを舞台に、主人公が夢をかなえていく日常をつづるストーリー。
Written by

松藤 波

松藤波(まつふじ・なみ)
小説好きが高じて、家事のかたわら創作をする30代の主婦。好きな作家は田辺聖子、角田光代。家族がまだ起きてこない朝、ゆっくりお茶を飲みながら執筆するのが幸せなひととき。趣味は読書と、おいしいランチの店を探すこと。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング