[あしたの朝ごはん]最終話:今ここにいる場所を愛する

(この物語のあらすじ)

フリーライターの莉子は、店主のハルコさんおいしい朝ごはんを作る「カフェ あした」の常連客。東京から遠く離れた架空の小さな街・夢野市で、愉快な人びとや魅力的な食材が出会って生まれる数々の出来事。

そんな日常の中で、主人公の莉子が夢をかなえる鍵を見つけていきます。最終週(第8週)は「種をまく」。いよいよ、今回が最終話です!

FH020_L

最終話(第56話):今ここにいる場所を愛する

これまでのストーリーはこちら >>

(最終週(第8週):種をまく)

「皆さん、ご紹介が遅れましたが、こちらがわたしの夫、たくちゃん」

たくやさんは元警察官。夢野署の派出所に勤務していたとき、ハルコさんに出会って結婚したそうだ。

1年前、ハルコさんが店を開くというので、自らも新たな人生を歩もうと修行の旅に出ることにしたという。

ニューヨークのバーテンダー専門学校に通い、ロンドンのパブで働き、残る数ヶ月は日本の地方都市のスナックやバーを渡り歩いて「研究」を重ねていたという。

ただ飲み歩いていただけじゃないですか、と突っ込みたいけれど、またの機会にしよう。

たくやさんは「スナックゆうべ」と毛筆で書いた木の看板をリュックサックから取り出した。

「朝が『カフェあした』なら夜はこれで行こうと思って。どう?」

ポカンと口を開ける面々の中、ハルコさんだけは胸元で両手を合わせて瞳を輝かせている。

「朝も夕も、お客さんがたくさん集まるといいよね」

あしたって朝っていう意味だったんだ。「明日」じゃなくて「朝」。なるほど。

「ぼくがハルコと結婚したのは、名前を見て惚れたからなの。

温かい子、と書いてハルコ。

ぬくこさん、と呼んでしまったら、ハルコが大笑いして。

その笑顔が本当にぬくもりがあってさあ。なんかね、大地のぬくもりを感じたのよ。土をいじってると、やさしい顔になるんだなあ」

いとおしそうに見つめるたくやさんと、照れるハルコさんが、緑の中で美しく揺らめいた。

「というわけで、皆さん、これからはカフェあしたとスナックゆうべ、いずれもよろしくお願いします。

田んぼも畑も余ってるから、おいしい食べ物を作りたい人も大歓迎です!」

ハルコさんが呼びかけると、拍手が起こった。

見渡す限りの農村に吸い込まれていきそうな、春の雨音のような響きだった。

白い蝶々が目の前を横切った。どこからともなく、黄色い蝶々が合流して、ダンスをするように飛び去って行く。

見上げた空は、目を開けていられないほどまぶしい。

フリーライターになって初めての夏がすぐそこまで来ている。

びっくりするようなドラマは起こらない。不安がないとは言い切れない。

でも、確信を持って言えることがある。

わたしは生まれ育った夢野市を日に日に好きになっている。人も土地も食べ物も空気さえも。

この街に根を張って生きていけば、未来が開ける気がしてならない。

わたしは今日も、夢をかなえる種をまく。

(完)

(この物語は今回で終了となります。これまで毎朝お読みいただき、ありがとうございました!)

今日のおすすめレシピ「青空の下で食べたい♪チーズおかかおにぎり」

(ストーリーに関連するおすすめレシピや記事をご紹介します♪)

意外な美味しさ♪チーズおかかおにぎり

8週にわたってお届けしてきました小説「あしたの朝ごはん」は、今日で最終回。チャーミングな登場人物がいっぱいだったり、莉子のこれからの仕事や恋も気になったりと、実は、続編を期待しつつ…それはこれからの莉子の人生と同じく、今のところ未定です!

もし続編をお届けできることになったら、ぜひまた毎朝の楽しみにしてくださいね。最後にご紹介するのは、意外な組み合わせがおいしい、チーズとおかかのおにぎりです。莉子とハルコさん、全く共通点がなさそうなふたりですが、意外と好相性でしたよね。

いつかまた、ふたりや、夢野のみんなに会えますように!皆さんも、毎日、おいしい「あしたの朝ごはん」に出会えますように。

意外な美味しさ♪チーズおかかおにぎり」(by:高羽ゆき(handmadecafe)さん)

レシピはこちら♪ >>

 

★この物語の登場人物
波多野莉子(はたの りこ)・・・一人暮らしのフリーライター。30歳。夢野市で生まれ育つ。
ハルコ・・・朝ごはんだけを出す「カフェ あした」の店主。34歳。莉子に慕われている。

これまでのストーリーはこちら >>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝の小説「あしたの朝ごはん」

毎朝更新。朝ごはんがおいしいカフェを舞台に、主人公が夢をかなえていく日常をつづるストーリー。
Written by

松藤 波

松藤波(まつふじ・なみ)
小説好きが高じて、家事のかたわら創作をする30代の主婦。好きな作家は田辺聖子、角田光代。家族がまだ起きてこない朝、ゆっくりお茶を飲みながら執筆するのが幸せなひととき。趣味は読書と、おいしいランチの店を探すこと。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング