簡単!やわらか美味しい!定番「牛のしぐれ煮」のお弁当

 

みなさま、おはようございます!

忙しい女子のみなさまのためのお弁当の連載!第53回目は「牛のしぐれ煮のお弁当」をご紹介します。

出汁いらずで、たっぷりのしょうがと一緒に甘辛く煮た「しぐれ煮」は、ごはんのおかずにぴったり。

忙し女子のみなさま向きの、簡単便利で美味しい定番おかず。

カラカラに炒る方法もありますが、我が家は、玉ねぎを入れてしっとりやわらかく仕上げます。

やわらか仕上げのしぐれ煮を美味しく作るコツは、

【1】牛は切り落としでもいいので、なるべく脂身の少ない赤身(または脂身が少ないものを選んで)使う。

【2】脂身のかわりにうまみとしっとり感を出すよう、玉ねぎを入れる。

【3】肉が固くならないよう、煮汁で先にサッとしゃぶしゃぶしてから取り出し、煮汁を煮つめてから最後に肉を戻す。

よかったらお試しくださいね!

牛のしぐれ煮のお弁当

IMG_5506

(材料)3~4人分

・牛薄切り肉(赤身) 200g ※切り落とし肉でOK!
・たまねぎ 1/2個(100g)
・しょうが 2かけ(20g)

(A)
・水 1/2カップ
・酒 大さじ4
・しょうゆ 大さじ2
・砂糖 大さじ1

(作り方)

①たまねぎは横に半分に切ってから薄切りに、しょうがはせん切りにする。鍋に(A)をすべて入れて強めの中火にかけ、沸騰したら、牛肉をサッと煮汁にくぐらせ、色が変わったら取り出していく。
牛肉が大きかったら箸等で小さめにちぎるとよい。

レシピ1

② 煮汁のアクをしっかりすくい、たまねぎとしょうがを入れる。

IMG_5560

IMG_5562

③ 強火にして煮立たせ、煮汁がとろりとして水分がほぼなくなるまで煮つめる。

IMG_5563

IMG_5569

④ 牛肉を戻し入れてよくからめる。

IMG_5573

⑤ 容器に入れて冷ます。しばらく置くと、上部が乾燥し、煮汁が下にたまりがちなので、使う時はしっかり上下を混ぜるとよい。

IMG_5576

※ 冷蔵保存3日間

*****

お弁当に入れるので、汁気がほとんどなくなるまで煮るのが大切ですが、肉は火を通しすぎると固くなります。

最近はいつもこの方法。煮汁の中で肉をしゃぶしゃぶして取り出してから、煮汁をトロリと煮詰め、後で肉を戻し入れるという方法です。

鍋ひとつで調理できてアクもしっかりとれます。

普通に肉を煮こんで作るしぐれ煮よりも、ぐんと美味しくやわらかく仕上がりますよ。

ほんのひと手間ですので、よかったらお試しくださいね。

 

こちらは自分弁当。

IMG_5513

にんじん、なす、ししとうの焼き浸しの甘酢。

ほうれんそうのおひたし、出汁巻き卵、牛のしぐれ煮丼、ふきの白味噌漬け。

しぐれ煮弁当があると思うと、午前中の仕事がはかどります(笑)。

さて、今週もお弁当作り楽しみましょう~

 

↓毎日のごはんやテーブルコーディネート等を記録しています。よかったら遊びにお越しください。

かめ代のおうちでごはん。 http://kameyogohan.blog.jp/

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

忙し女子でも作れる!簡単お弁当レッスン

手間はかからずに、手軽に栄養のとれるおいしいお弁当の作り方&レシピ
Written by

料理研究家 かめ代

料理研究家。長年高校生に家庭科を教えていた経験から作りやすくわかりやすいレシピが人気。家庭の優しい味付けに「安心してつくれる」というファンが多い。現在は、WEBや雑誌の連載、企業へのレシピ提供等多方面で活動中。著書に「お弁当は野菜のおかず作りから」(イカロス出版)、「ホットプレート黄金レシピ」(イカロス出版)他。
ブログ「かめ代のおうちでごはん。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング