[あしたの朝ごはん]第55話:青空の下で、おいしい朝ごはんを

 

(この物語のあらすじ)

フリーライターの莉子は、店主のハルコさんおいしい朝ごはんを作る「カフェ あした」の常連客。東京から遠く離れた架空の小さな街・夢野市で、愉快な人びとや魅力的な食材が出会って生まれる数々の出来事。

そんな日常の中で、主人公の莉子が夢をかなえる鍵を見つけていきます。最終週(第8週)は「種をまく」。

GG144_L

第55話:青空の下で、おいしい朝ごはんを

これまでのストーリーはこちら >>

(最終週(第8週):種をまく)

「空の下で食べるご飯ってサイコーやなあ」

おじいさんに店番を任せて出てきたらしい、おまご豆腐の角田一徹くんがサラダを取る。

「うちのおからで作ったポテトサラダ。食べてみて」

しっとりしていて美味しい。

留学生とみられる集団の真ん中には、前髪一直線のヨンヒちゃんがコチュジャンのチューブを手にしてご飯を食べていた。

子どもの甲高い笑い声が聞こえて振り向くと、みどり総合商社の牧田加奈さんが、ロングスカートに白い帽子というカジュアルな格好で現れた。

手には〈夢野市ごちそう通信〉と題字が書かれた企画書を持っている。

「莉子さん、こないだは勝手な提案をしてごめんなさい」

「いえ、こちらこそ、せっかくのお仕事にこたえられなくてすみませんでした」

仕事を断った気まずさからうつむきがちになる。

「でね、これ、やってみない?夢野市の特産品の通信販売」

牧田さんは全然気にしてないみたいで、勢いよく企画書を渡してきた。

中身をめくってみると、雑学や生産者のストーリーをつけて野菜や缶詰、調味料を全国に発送するというアイデアみたい。

「あなたに取材してもらって、ウンチクを集めて、商品に箔をつけるの。

消費者は飛びつくわ。価格も割高でも受け入れられるはず。ブランディングこそ商売の命よ!」

相変わらず鼻息が荒い。牧田さんには圧倒されっぱなしだけど、うん、そのアイデアは面白いかもしれない。

「ママー、こぼしたあ」

マヨネーズを口の周りと胸元にべっとりとつけた男の子が、牧田さんに擦り寄ってきた。

「んもう、なにやってんのよ」と叫びながら、鞄のある方へと駆け出していく。

得意げに近付いてきたのは由美だ。「わたし、3人目を妊娠したの」

「えー、すごいー、おめでとう!」

この人にはいつも驚かされる。

「でも、助産師の受験勉強は続けるわよ」

相変わらずたくましいなあ。そばには、歌って踊る遥ちゃんと仲間たち。

エプロンをつけたままで店を飛び出してきた笹野商店の明くんは、遥ちゃんたちの踊りにアドバイスをするのに忙しい。

ケイさんは写真を撮っている。

「これ、定期イベントにしない?」とハルコさんに語りかけている。

うん、同感。こんなに楽しいイベントなら毎週でもいいくらい。

「わたし、ブログもぜひ書かせてください!」

「もちろん、お願いするつもりだった」とケイさんがうれしそうに笑う。

タクシーが畑の前に停まった。

新たな参加者が到着したのかと目をこらすと、アロハシャツにサングラスの男の人が現れた。

「愛するハルちゃん、ただいま!ようやく、修行より戻りました」

「きゃあーダーリン、おかえりィ」

いつもの凛々しさがどこかへ吹き飛んでしまった。

まさかこの人、ハルコさんの夫?

2人は抱き合って頬を摺り寄せている。

わたしが知る、クールなハルコさんはどこへ行ってしまったの。

余裕を見せて笑っているのはケイさんぐらいで、誰もが眼をぱちくりさせている。

(明日の朝につづく)

今日のおすすめ記事「一徹くんの気分でつくりたい♪おからのポテトサラダ」

(ストーリーに関連するおすすめレシピや記事をご紹介します♪)

おからのポテトサラダ

ハルコさんの「きゃあーダーリン」発言にはびっくり…!

でも、先日、莉子がゴーストライターのオファーを断ったことはさらっと忘れて、新しい企画を考えているいさぎよくかっこいいママ、牧田さんや、3人目を妊娠しながら、さらにアグレッシブに生きようとしている同級生の由美。

無事に日本に帰ってきてくれた、留学生のヨンヒちゃん。笹野商店の仕事を頑張っている明くん、アイドルになる夢に向かって踊る遥、夢野のPRをいつも考えているケイ。

みんながとってもいい人で、元気そうで、たのしそう。莉子も、自分のやりたい仕事に近づけている感じで。なんだかとっても、しあわせな気分になれますね!

おまご豆腐でがんばる一徹くんをおもいながら作りたい、ヘルシーなおからいりポテサラ。今週末の朝ごはんにいかがですか?

おからのポテトサラダ」(by:マルシェさん)

レシピはこちら♪ >>

(この小説は毎朝4時更新です。続きはまた明日!)

★この物語の登場人物
波多野莉子(はたの りこ)・・・一人暮らしのフリーライター。30歳。夢野市で生まれ育つ。
ハルコ・・・朝ごはんだけを出す「カフェ あした」の店主。34歳。莉子に慕われている。

これまでのストーリーはこちら >>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝の小説「あしたの朝ごはん」

毎朝更新。朝ごはんがおいしいカフェを舞台に、主人公が夢をかなえていく日常をつづるストーリー。
Written by

松藤 波

松藤波(まつふじ・なみ)
小説好きが高じて、家事のかたわら創作をする30代の主婦。好きな作家は田辺聖子、角田光代。家族がまだ起きてこない朝、ゆっくりお茶を飲みながら執筆するのが幸せなひととき。趣味は読書と、おいしいランチの店を探すこと。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング