[あしたの朝ごはん]第28話:背中を押してくれる言葉

 

(この物語のあらすじ)

フリーライターの莉子は、店主のハルコさんおいしい朝ごはんを作る「カフェ あした」の常連客。東京から遠く離れた架空の小さな街・夢野市で、愉快な人びとや魅力的な食材が出会って生まれる数々の出来事。

そんな日常の中で、主人公の莉子が夢をかなえる鍵を見つけていきます。第4週は「あなたの夢はなに?」。

HD075_L

第28話:背中を押してくれる言葉

これまでのストーリーはこちら >>

(第4週:あなたの夢はなに?)

「もう一度、学生に戻ろうかなと思って。看護学校に行って、助産師の資格をとって。あと4年以上かかるけれど」

「そのころにはわたし、中学生じゃん。ママもわたしも学校に通うって、なんか変な感じ」

遥ちゃんがうれしそうに言う。

「Today is the first day of the rest of my lifeって言葉、知ってる?」

わたしは不意に思いついて言った。会社を辞めようか悩んでいたとき、ある雑誌で見かけた言葉だ。英語が不得意なのに、なぜかこの言葉だけは心にストンと引っかかった。

「今日は残りの人生の最初の日?」

由美が言う。

「そう。何かを始めるのに、遅すぎるなんてないよね」

自分に言い聞かせるようにわたしが言い、3人で顔を見合わせて笑った。信号が青に変わり、歩き始めた。

 

そうだ、今日の本題を忘れていた。

「コラムのネタを探してるの。遥ちゃん、夢野のアイドルグループを取材させてもらえない?」

「もちろんです。わたしたち、真剣なんです。その記事でテレビ局も取材に来てくれないかなあ」

遥ちゃんがガッツポーズをした。ダイエットに夢中になったり、将来を夢見たり。小学生の生態を知れば、夢野市の新しい側面が見えてくるかもしれない。

夢野市にはいろんな人がいる。毎日なんとなく会社員をしていた時代には見えなかった景色や、知り合えなかった人たちと出会って、世界がどんどん広がっている。

「豆腐屋さん、この角を曲がったところだと思うよ」

由美が住宅街のほうを指差した。

「ママ、わたしやっぱり学校行ってくる。もう元気になったもん。メンバーにも取材のこと話さなきゃならないし。莉子さん、いつでも練習見に来てください」

遥ちゃんは、ランドセルをかたかたと鳴らしながら、反対方向へ走って行った。小刻みに動かす足元がとてもかわいらしくて、やっぱり子どもなんだなとしみじみ思った。

「行ってらっしゃい!」

後姿に声を張り上げる。こんなふうに大きい声をお腹から出すのって久しぶり。子どもが相手だと、声が自然と大きくなる。

「今夜はおからハンバーグにするから、おなか空かせて帰ってらっしゃい」

由美も大声で言った。

「ハーイ」

にっこりと笑って振り返った遥ちゃんの顔は、由美にそっくりだった。

(明日の朝より第5週がはじまります。どうぞお楽しみに!)

今日のおすすめレシピ「おからのスコッチエッグ」

(ストーリーに関連するおすすめレシピや記事をご紹介します♪)

57c93cc7578bda41c726c9bb9f9f69e019dc3102.400x0.none

遥が元気になってかけていく後ろ姿。想像しただけで、なんだかうれしく、応援したくなりますね!

おからハンバーグのアレンジ、うずら卵を包んだこんな「おからスコッチエッグ」なら、ヘルシーで見た目もかわいく、ダイエット中でもたっぷり食べてくれるかも♪夢をかなえる遥を想像しながら作ってみませんか。

うずらとおからのスコッチエッグ」(by:satohahaさん)

レシピはこちら♪ >>

(この小説は毎朝4時更新です。続きはまた明日!)

★この物語の登場人物
波多野莉子(はたの りこ)・・・一人暮らしのフリーライター。30歳。夢野市で生まれ育つ。
ハルコ・・・朝ごはんだけを出す「カフェ あした」の店主。34歳。莉子に慕われている。

これまでのストーリーはこちら >>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝の小説「あしたの朝ごはん」

毎朝更新。朝ごはんがおいしいカフェを舞台に、主人公が夢をかなえていく日常をつづるストーリー。
Written by

松藤 波

松藤波(まつふじ・なみ)
小説好きが高じて、家事のかたわら創作をする30代の主婦。好きな作家は田辺聖子、角田光代。家族がまだ起きてこない朝、ゆっくりお茶を飲みながら執筆するのが幸せなひととき。趣味は読書と、おいしいランチの店を探すこと。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング