[あしたの朝ごはん]第9話:おにぎりに混ざっているのは

(この物語のあらすじ)

フリーライターの莉子は、店主のハルコさんおいしい朝ごはんを作る「カフェ あした」の常連客。東京から遠く離れた架空の小さな街・夢野市で、愉快な人びとや魅力的な食材が出会って生まれる数々の出来事。そんな日常の中で、主人公の莉子が夢をかなえる鍵を見つけていきます。第2週は「おにぎりに恋をして」。

ES007_L

第9話:おにぎりに混ざっているのは

これまでのストーリーはこちら >>

(第2週:おにぎりに恋をして)

味噌汁をすする。ダシの香りが鼻に広がり、味噌汁のおいしさが口いっぱいに広がる。

おにぎりを食べてみる。米の粒が口の中でほどけるなか、プチプチした食感の粒を舌が追いかけて歯が噛み砕く。ほのかに甘くて香ばしい。

「これ、なんですか? ゴマにしては大きいし」

口を動かしながら、カウンター前に戻ってきたハルコさんに尋ねた。

「なんだか分かる?」

「どこかで食べたことのあるような味の余韻があるんですけど」

「それはね、エゴマの種なの」

「韓国料理によく出てくる葉っぱの?」

「そう、種って珍しいでしょう」

ハルコさんは、厨房の台の上に置いてあった紙袋からビニール袋を取り出した。ビーズのように小さな種がぎっしりと入っている。

紙袋は昨日のイケメンが持っていたものだ。

「フライパンで軽く炒って、ご飯に混ぜておにぎりにしたの」

おにぎりをもう一口かじり、ゆっくりと噛みながら、舌に意識を集中させる。

そういえば、韓国料理屋で焼肉を包んだ葉っぱの風味の記憶に結びつく。ほろ苦いのに、かむと独特の甘みがある。食感があるから、普通のおにぎりよりもよくかんで食べられる。食べ応えがあって、満腹感も得られやすいかも。

「どうかしら?これまでのお客さんも喜んでくれているみたいなのだけど」

「わたし、けっこう好きですよ」

「ほんとう?良かった。これでいけるな、よし」

ハルコさんはカウンターの奥で小さくガッツポーズをした。

「これね、行き先を失った、迷子のエゴマちゃんだったの。たくさんあるから、おいしく食べられる方法はないかなって考えてたのよ」

ハルコさんの説明によると、こんな経緯だ。

夢野市には夢野大学という小さな大学がある。文系中心の小さな私立大学だ。附属の語学センターで留学生を受け入れている。

種の運び主は、韓国人の女子留学生で19歳のヨンヒちゃんだった。

(明日の朝につづく)

今日のおすすめレシピ「韓国風そぼろ親子丼」

(ストーリーに関連するおすすめレシピや記事をご紹介します♪)

34e333c295abc51468d7a058996c456d88037bbe.400x0.none

エゴマといえば、韓国料理。「カフェ あした」のエゴマの種のおにぎりも気になるけれど、お料理を一気に韓国風味にしてくれる「コチュジャン」をつかった韓国風そぼろ親子丼、朝ごはんにいかがですか?♪

韓国風コチュジャンそぼろ親子丼♪」(by:みぃさん)

レシピはこちら♪ >>

(この小説は毎朝4時更新です。続きはまた明日!)

★この物語の登場人物
波多野莉子(はたの りこ)・・・一人暮らしのフリーライター。30歳。夢野市で生まれ育つ。
ハルコ・・・朝ごはんだけを出す「カフェ あした」の店主。34歳。莉子に慕われている。

これまでのストーリーはこちら >>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝の小説「あしたの朝ごはん」

毎朝更新。朝ごはんがおいしいカフェを舞台に、主人公が夢をかなえていく日常をつづるストーリー。
Written by

松藤 波

松藤波(まつふじ・なみ)
小説好きが高じて、家事のかたわら創作をする30代の主婦。好きな作家は田辺聖子、角田光代。家族がまだ起きてこない朝、ゆっくりお茶を飲みながら執筆するのが幸せなひととき。趣味は読書と、おいしいランチの店を探すこと。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング