こだわりを手放してすっきり!ココロのリセット法

 

e1388f2a45e630196fe36147faec33c0_s

4月10日:「インテリアを考える日」

断捨離やミニマムな暮らしなど、最近はシンプルに快適な生活を楽しむ方も増えているようですが、春の週末は模様替えや片付けで、お部屋をリフレッシュする過ごし方もいいものですよね。

そんな片付けをしたあとは気持ちもスッキリするものですが、ときにはココロも断捨離して「ミニマム」な状態にリセットすると、いろんなことがよい流れに変わっていくようです。

「こだわり」を手放してフラットになろう

やることいっぱいの忙しい毎日のなか。アレもコレもパーフェクトをめざして頑張っているのに、成果を感じなかったりカラ回りしていたり。ふとしたとき、そんな自分に気づくことってありませんか?

これは「~しなくちゃ」「こうあるべき」といったこだわりが、ココロからゆとりを奪い、正しい選択ができなくなったときに、起こりやすい症状のようです。

追うほどに逃げてゆく、まさにカラ回りの状態ですよね。

そんな状態とサヨナラするには、何のためにするのかを考え、余分なことを手放していくといいのだとか。

たとえば、「絶対によい結果をださなくちゃ!」という思いがあるとき。

頑張りすぎるとギスギスして、肝心なことがおろそかになってしまうことがありますが、それなりに頑張りながらも周囲を気遣うことができると、その過程に充実がありますよね。

そもそも「絶対」というものはごくわずか。こだわりを手放すには不安もありますが、多くのことには別の道があるもの。その過程のなかで、得られることの方が多いのかもしれません。

このようにココロに選択肢があると、リラックスした気分で過ごせたり、まわりともよい関係を築いてけそう!そういうときは、たとえ結果がイマイチでも、次の道しるべが見つかりやすいようです。

”こだわり”は「運気の流れを止める」といわれますが、なにより自分が思っているほど、人はそんなに感心を向けていないもの。もし上手くいかないことや悩んでいることがあったら、こだわりを手放してみるのも1つの方法かもしれません。

すっきりしたクローゼットは風通しがいいように、ココロの断捨離で気持ちにスキマができると、いろんなことがスムーズに流れていくのかもしれませんね♪

「インテリアを考える日」とは?

4月は入学・入社・新学期など新しいこと始まる月であり、10日は「住」と「十」が同音であることから、日本インテリアファブリックス協会により制定された。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

今日は何の日 朝のコラム [更新終了]

毎日が記念日!今日は何の日?と知っているとちょっとハッピーなお話 [更新終了]
Written by

小原由美子

シンプルに毎日を過ごしています。外国や日本の文化に触れているとき、美しい景色を見つけたときが、Happy!

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング