イライラすることが減った!「1日を穏やかに過ごすため」の私の朝習慣3つ

 

朝を楽しむ「朝美人アンバサダー」のみなさんに、朝時間にまつわるお話を届けていただく連載です!

おはようございます。朝美人アンバサダーでヨガインストラクターのなつみ(@natsumi.clearyoga)です。

ヨガインストラクターだから、穏やかだったり、静かな人なんでしょ?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

私は元気が取り柄で、面白いことが好きな一児のママ。できるだけイライラせずに、穏やかな人と思われたい人です。

しかし現実は、起きてくれない子どもを起こして、時間に追われながら朝食の準備と身支度。そして、大量の洗濯物を回す事から始まる朝…。

そんな状況でも、朝時間をちょっと工夫するだけでイライラすることが減り、穏やかな気持ちを保ちやすくなりました。今回はその3つの朝習慣を紹介します!

【1】ちょっと早起きする

朝習慣のために、まずは「少し早起き」をして時間を作りましょう。朝バタバタする方は、物理的に時間が足りない可能性もあります。

早起きが苦手な私ですが、眠いより“穏やかに過ごしたい”という思いの方が強いので、頑張って起きます。(起きられない時もありますが)

起床は、家族を起こさないように、光目覚ましを利用しています。

ちょっと頑張って早く起きた、ぼーっとした感覚を利用して、次の「体を動かす」へ。

朝焼けの空

【2】起きてすぐに体を動かす

体を動かすのは、ストレッチでも、ヨガでもラジオ体操でもOK!

“起きてすぐ”というのがポイント。感情が動き出す前に、体を先に動かすイメージです。

パジャマのまま、ぼんやりとした意識の状態で、体を動かし始めると、少しずつ目が覚めてくる感覚があります。

運動習慣のない方は、”何をするか”を事前に決めておきましょう。

起きて「さて、何をしようかな」と考えている間に目が覚めて、家事や仕事のことを考えてしまい、運動どころではなくなるからです。

そんな方には、誰でも一度は経験がある、ラジオ体操がおすすめです。テレビでも、ラジオでも、YouTubeにもあるので、流しながら動かしましょう!

ヨガマットで運動

【3】数分間の静かな時間を過ごす

体を動かし、温まった状態で、イスに座って軽く目を閉じます。吸う・吐くを繰り返している呼吸に気づいて、意識を自分に向けていきます。

その静まった状態で、「今日をどう過ごしていくか」をイメージしてみましょう。

予定をどうこなしていくか、どんな気持ちで過ごしていきたいのか。

慣れるまでは、10秒でも1分でも短時間でいいので、シンと静まった感覚を作り、目をゆっくり開けていきます。

両手を組み瞑想

3つの朝習慣で、1日の始まりがスッキリ!

この3つをしていると、カラダが整い、心が落ち着き、1日の始まりがスッキリとスタートできます。

ただ起きて過ごす1日と比べると、その日の過ごしやすさの違いに驚くはず。

バタバタとしがちな朝ですが、このような習慣で「ありたい自分」を作っていきましょう!

【プロフィール】なつみさん(ヨガインストラクター/インストラクターの事務サポート)

なつみさん写真

IT系の会社で営業事務をしていたころにヨガを始めて、資格を取ってヨガインストラクターに転職しました。ヨガによって心と体の健康を保てています。出産を機に、事務の仕事も再開し、現役ヨガインストラクターを続けながら、インストラクター向けの事務サポートを始めました。インストラクターになっても、ママになっても、楽しく仕事をしていくことを目指しています。
■Instagram:@natsumi.clearyoga
■Blog:https://lifeyoga.jp/

朝美人アンバサダー2023のみなさんのプロフィールはこちら >>(https://asajikan.jp/ambassador_2023)

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝美人アンバサダー「お気に入りの朝の過ごし方」

朝美人アンバサダーさんによるリレーコラム
Written by

朝美人アンバサダー

朝って、いいな♪」を合言葉に、朝の過ごし方や楽しみ方を発信してくれている、公式「朝美人アンバサダー」のみなさん。「お気に入りの朝の過ごし方」は、人によってそれぞれ。気になるアンバサダーの方がいたら、ぜひブログやSNSもチェックしてみてください。プロフィール一覧はこちら

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング