要注意!英語の「long way」全く異なる2つの意味って?

 

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪ 

道のり

要注意!英語の「long way」全く異なる2つの意味って?

今回は、英語の “long way” を使った、全く異なる意味の表現を2つご紹介します。

1つめは

【1】 go a long way

です。これは例えば

“Oranges can go a long way in improving skin health.”(=オレンジは肌の健康にとても役立ちます)

あるいは

“I’m sure you will go a long way in business.”(=あなたは商売で必ず成功するよ)

というように

go a long way:~するのにとても役立つ、~するのに貢献する

という意味をもつ表現です。

2つめは

【2】 a long way to go

一見、1つめの “go a long way”と似ていますが、こちらは

a long way to go:まだまだ先は長い、道のりが長い

という意味になります。例えば

I have a long way to go before starting my own business.(=起業するにはまだまだ先が長い)

というように使うことができます。目の前に「長い道のりが続いている」…そんなイメージですね。

一見似ている表現ですが、意味は大違いですので、気をつけましょう!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング