「そんなことあり得ない!」英語ではどう言う?

毎週水・金曜日更新!オンライン型英会話学習教材「シャドースピーキング」事務局とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

「そんなことあり得ない!」を英語で言うと?

ついつい「まさか!」「そんなことあり得ない!」と思わず口から出てしまうことってありますよね?

そんな時に使えるのが

“Fat chance!” 「あり得ない!」

です。直訳すると、「チャンスがたくさんある」という意味なのですが、皮肉として逆の意味で「チャンスが全くない」→「あり得ない」と使われています。

とてもカジュアルな言い方で、会話でのみ使われます。“No way!” と似たニュアンスです。

“chance”を使ったフレーズには他にも

“slim chance” 「望みが薄い」

があります。こちらは文字通り”slim”「ほんのわずかな」「薄っぺらな」という意味で使われており、成功する可能性が少ないことを意味します。

“The chances are pretty slim, but you never know until you try.” 「可能性は少ないけれど、やってみないと分からないよ。」

と、使い方次第ではとても前向きなフレーズにもなります。

(記事協力:シャドースピーキング事務局

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

7000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/
◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング