BLOG

目に見えない大切なことに気づく。角野栄子さんの珠玉のエッセイ集

 

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出』

『魔女の宅急便』を生んだ作家・角野栄子さんのエッセイ集、新刊です。目に見えないけれど大切なことに気づかせてくれる一冊です。


「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出
著者:角野栄子
出版社:KADOKAWA

子どものときも、大人になってからも、ポケットの中は魔法の粉でいっぱい。魔女の目をもち、ファンタジックな物語をいくつも生み出した人。そんな角野栄子さんにとって、世界はたったひとつだけじゃない。目に見える世界と目に見えない世界、そのどちらもとても大切なものなのです。

5歳の時にお母さまを失くした角野さんは、子どもながらに目に見えない世界の力を知っていました。心が充たされないときには、「向こうの世界を想像して、遊びにいく楽しみを憶えた」のだそうです。見える世界と見えない世界がひとつになった場所に、いつもときめきを感じた角野さん。そこからいくつもの物語が生まれていきました。

子どもの時の懐かしい記憶、魔女にまつわる物語、外国への旅、若いころ移住したブラジルでの暮らし。本書につづられたさまざまなエピソードのなかに、もうひとつの世界が息づいているのを感じます。

それから、誰もが魔法を起こせるということも。娘さんがまだ幼いころ、寝坊をしているママのために一生懸命サラダを作ってくれた。大きなガラスのサラダボールのユニークすぎる中身に角野さんはびっくり仰天して……。

娘さんのサラダは可愛らしい小さな魔法。なんでもない日々のなかに、魔法の粉をかけてみたくなる。朝食のサラダにも、窓の向こうの景色にも、大好きな本のなかにも。今日という日がファンタジックに変わる気がします。

角野栄子さん本、こちらもぜひどうぞ。
『角野栄子の毎日 いろいろ』
『魔女の宅急便』

ラブ&ピースな一日を。
Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング