BLOG

一年の計は元旦には「ない」!年始の決意を鈍らせない考え方

 

 

あけましておめでとうございます!株式会社 朝6時 池田千恵です。

 

今年も朝時間.jpで、早起きの楽しさをお伝えできればと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

さてさて。新年と言えば、新しい習慣を始めるのにもってこいの時期ですね。私のところにも、年末年始は特に「来年こそ!」「今年こそ!」早起きしたい!という相談が多く来ます。

 

そこで掲題の話です。「一年の計は元旦にあり」とよく言いますが、その言葉にとらわれてしまい、却って目標達成できない人がいるんですよ。だから、そんな幻想捨てちゃったほうが身のためです。

 

どういうことかというと、「一年の計は元旦にあり」だから、元旦はきちんと暮らさなければ、しっかり計画を立てなければ、早起きしなければ….と年始から自分を追い込んでしまうんですね。

 

でも元旦なんて、ダラダラグダグダするのが普通でしょう?大晦日だって遅くまで起きているんだし、元旦に早起きをしても眠いだけ。仮に初日の出を見に行っても、その後二度寝しないと眠いですよね。で、二度寝したら「一年の計画をたてるはずだったのに二度寝しちゃった。もういいや!」と自暴自棄になる。

 

ダイエットに失敗するパターンと一緒ですね。一口たべちゃったらもう今日はいいや!と、ドカ食い、みたいな。

 

繰り返しますが、「一年の計は元旦にあり」そんなの幻想ですからね。別に寝坊しても、それが一年続く、と自分に呪いをかけないで、あー、よく寝た!と、スパッと切り替えてくださいね。早起きはただの手段です!

 

みなさんが、毎日早起きしなきゃダメだという呪いから解放されて、楽しく早起きと付き合えますように。

 

早起きを楽しくするためのポイントは、先日東京ミッドタウンで開催されたWOMAN EXPOでも話しました。講演記事が掲載されたのでリンクしておきますね。

 

「夜2時間」の余裕を生む、「朝30分」の工夫とは
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/101700153/121900007/?n_cid=nbpwol_mled

 

過去に描いた早起きできる手帳術についてもリンクを貼ります。

■第1回 今ここから! 2016年は大事なことに時間を使える環境を“手帳”で整えよう
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/trend/15/103776/121700077/

■第2回 デジタル全盛だからこそ、人とではなく自分とつながる
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/trend/15/105957/121700004/

■第3回 「使いこなせない」を防ぐ、手帳記入の最初のルール
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/trend/15/105957/121700005/

■第4回 ぼんやりとした希望的観測は、書き出してリアルな予定に変えていこう
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/trend/15/105957/121700006/

 

どうぞ、楽しい早起きライフをお過ごしくださいね!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつも余裕があるママの朝時間の過ごし方

公式ブログ
朝活の第一人者 ママになった池田千恵さんの朝の過ごし方
Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング