BLOG

ホテルの「よそ行き朝食」で、朝からアゲスイッチをONにする!

 

s-asaritz2

私は毎月一度、「早朝グルメの会」を開催しています。

早朝グルメの会とは、主に都内の高級ホテルに朝7時から集まり、皆で朝からラグジュアリーな気分を味わってテンションをあげよう!という会。

夏休み、リゾート地でのんびり目覚めた朝。ホテルのレストランで搾りたてのフレッシュグレープフルーツジュースを片手に、ゆったりと朝食をとる。コーヒーがなくなりそうになると、ホテルスタッフがすぐに気づいて継ぎ足してくれる。

ふわふわのオムレツ、黄身がとろーりのポーチドエッグ、白身のはじっこがこんがりパリパリの目玉焼き。卵料理は、シェフが目の前で、好みの状態に作り上げてくれる。

なんて贅沢なひととき。

そんな経験、あなたにもあると思います。

あの感覚、お休みの時だけの経験にしておくのはもったいないと思いませんか?

だから、平日の朝から味わっちゃおう!

それが、「早朝グルメの会」です。

ホテルの朝食って、宿泊者だけのものだと思われがちですよね。でも実は一般の人も入れるレストランが大半。(但し、もちろん宿泊者優先のため、予約不可のレストランも多いです)

高級ホテルともなると、夜食事をしようとすると1人数万円はかかります。でも朝なら、1人3000〜4000円程度で楽しむことができるのです。

s-peninsula-frenchtoast

朝食に3000〜4000円と思うと、かなり高いイメージはあると思います。でも何も毎日・毎週通うわけではありません。たとえば夜の飲み会を少しだけ減らせばいいだけのこと。それだけで、写真のようなおいしい食事が、さりげなく心地よいサービスと供にいただける。そう思えばかなりお得だと思いませんか?

ただしここで注意点を。

最初にお伝えした通り、もともとは早朝のホテルの朝食は、宿泊客のためのもの。大人数でいきなり訪れて、大声で騒いだりするのはやめましょうね。

まずは仲良しの友人を誘って、3〜4人の少人数で楽しむのをおすすめします!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつも余裕があるママの朝時間の過ごし方

公式ブログ
朝活の第一人者 ママになった池田千恵さんの朝の過ごし方
Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング