BLOG

朝時間ならできる、自信がもてるじっくりメイク

 

Cosmetics on White Background

サイドバーのプロフィールにも書いていますが、私なりの早起きのコツは「おいしい」「たのしい」「きもちいい」を朝に意図的に作ること。

朝はとにかく、1分でも長くベッドにとどまりたい。その気持ち、よくわかります。

だからこそ、ベッドにとどまるよりも、もっとテンションがあがる、楽しい何かを考えてみるのです。

その中の一つとして今回提案するのが、じっくり時間をかけてメイクしたり、お肌の手入れをしてみること。

朝は時間がなく、バタバタしてしまってメイクもおざなりになってしまいがち。

メイクがおざなりだと、電車の中や会社でも、周囲に顔を見られたくないとつい下をみたり、会話するときも目をそらしてしまったりしませんか?

早起きしてメイクの時間をしっかり確保できれば、そんな心配も無用。

たとえば私は、朝起きてシャワーを浴びた後、PCに向かってメールチェックしながら顔にマスクタイプのローションパックを貼り、肌をぷるぷるにしてからメイクをします。

こうすると、朝からお化粧ノリが良くなり、さらにメイクをするのが楽しくなります。

また、時間をかけてメイクをすることにより、だらしない雰囲気から卒業し、外を颯爽と歩けるような気がしてきます。

新しいメイク方法に挑戦してみてもいいですよね。万が一失敗しても、リカバーの時間は十分あります。

ポーラ化成工業株式会社の研究結果によると、メイクに消極的な高齢者でも、メイクを施すと脳機能が活性化することがわかったそうです。 「美しくなってうれしい」いう喜びや満足感が脳に影響するのでしょうね。

先日私が主宰するBefore9プロジェクトにて、ミスインターナショナルやミスワールドのメイクを直接指導していらっしゃる西村有紀子さんをお呼びしました。

早朝7時よりメイクレッスンを行ったのですが、メイクの前、後の参加の皆さまの劇的な変化と、キレイになった後の笑顔がとても印象的でした。

忙しい朝だからこそ、じっくりメイク。そのひと手間で一日の充実度が変わりますよ!

 
この記事が気に入ったら
いいね!してね。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつも余裕があるママの朝時間の過ごし方

公式ブログ
朝活の第一人者 ママになった池田千恵さんの朝の過ごし方
Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング