BLOG

寝坊しても「ネガティブ罰」は禁止!

 

batsu

私は大学受験を機に早起きに目覚めました。希望する大学に二度も落ち、もう後がないけれど、どうしても、もう一度大学を受験し直したい。それがきっかけです。

今思えば、「大学合格」という執念があったからこそ、スパっと早起きができたのだと思います。おかげで、やっと大学合格。

でも、そこで燃え尽きてしまい、「早起きって何?」という生活を数年過ごしました。

心を入れ替え、早起きを再スタートしようとしても、なかなか睡魔に勝てない日々を送りました。

どうして、大学受験の時は起きられて、その後なかなか起きられなくなってしまったか。それは、自分に罰を与えていたからです。

今思い出すと笑っちゃうくらい極端なのですが、
「私は○時に起きられなかったら、病気になって死ぬ」とか、
「罰として100円貯金する」といったように、失敗すると、どよーんと落ち込む条件付けをしていたのです。

結局、こんな辛い罰をうけるんなら、やめちゃえ!となってしまいました。

もちろん今は違います。

朝からリッチなホテル朝食を楽しんだり、ヨガをしたり、アロマで気分を上げたりと、「うれしい」「たのしい」「きもちいい」をモットーに、朝=素敵、というヒモづけをしているので早起きを続けられています。

負のスパイラルでなく、前向きなスパイラルに入れるように、決して自分に「罰」を与えないようにしてみてくださいね!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつも余裕があるママの朝時間の過ごし方

公式ブログ
朝活の第一人者 ママになった池田千恵さんの朝の過ごし方
Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング