来年こそ「朝型生活」を開始したい!朝専用「朝活手帳2022」のすすめ

 
本連載「モーニング・マルシェ」では、朝時間.jp編集部がセレクトした、朝が楽しくなるアイテムを紹介します!

パワーアップした早起き生活始めませんか?「朝活手帳2022」

モーニング・マルシェ「朝活手帳2022」
朝活手帳 2022 ¥1,980

来年の手帳を考えはじめる時期ですね。もはや朝時間.jpとしては毎年おなじみの朝活手帳。連載「朝ノートで作る!マイストーリーの育て方」をされている池田千恵さんによる、朝活や早起きをしたい方に向けた朝専用手帳です。来年版「朝活手帳2022」が現在発売中です!

朝活手帳は今回で12周年を迎えました。12年も続く朝活手帳ですが、昨年版から14か所も変わったポイントがあるんです。毎年改良が繰り返されているからこそ、長年愛されているのですね。

そんな朝活手帳をぜひ使ってみてほしいのは…

  • 早寝早起きを習慣化させたい方
  • 仕事、家事など忙しい中でも、自分の時間を大切にしたい方
  • 早起きはしているけど、さらにランクアップした時間活用をしたい方
  • じっくりと考える時間が欲しい方
  • 資格取得、企業、副業など、目的達成をしたい方

この手帳を使えば、朝の起き方(マインドサポート)から使い方(仕組みサポート)までサポートが得られ、両方向から早起き習慣を支えてくれますよ。

11月はじまりで、ウィークリーページの時間軸は朝4時~9時までの5時間。書き込み箇所が豊富で、モヤモヤを整理する「スッキリリスト」、戦略的に月をまたぐ「振り返りシート」など、他の手帳にはない目標達成のためのユニークな機能が満載です。

さらに、この手帳の優れたポイントはマンスリーとウィークリーそれぞれのページで、しっかり計画と振り返りができる仕様になっていること。

マンスリー欄の使い方

モーニング・マルシェ2

【1】今月のテーマや「したいことリスト」を月のはじめに書く
【2】今週の自分トピックを週のはじめに書く
【3】ブロック予定日を決める

ウィークリーページの使い方

モーニング・マルシェ1

【1】今週のテーマ/振り返り
【2】今週のスッキリリスト整理
【3】今週のポイント/オトク時間/小計

項目に沿って書き込むだけで自然とToDoが進められんです。ちなみに、朝活手帳では予定を4色に色分けする「4色To Doマトリクス」を推奨。タスクリストを色分けすることで、タスクが明確になり時間を有効的に使うことにつながりますよ。

朝活で人生を変え、目標に向かって突き進むを多くの方のサポートしてきた池田さんのエッセンスが凝縮した「朝活手帳2022」。

早起きをしている人も、これから始めてみたい方も、早起きをあらゆる方向から支えてくれる朝活手帳をパートナーにして、新しい1年をはじめませんか。

朝活手帳 2022 ¥1,980(※記事制作時のamazon.co.jpでの価格です)

商品詳細・購入はこちら(amazon.co.jpへ)>>

※本記事の内容は記事制作時点のものです。価格・在庫状況等は変動する場合がありますので、最新の情報は各販売サイトでご確認ください。

 

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

今日の朝の人気ランキング