夏のお弁当に!抗菌のコツ7つ+傷みにくいおかず5選

まもなくやってくる梅雨前線。梅雨シーズンは湿度も気温も高くなるため、お弁当も傷みやすくなってきますよね。

この時期のお弁当作りで気をつけなければいけないのが、

  1. しっかり冷ましてから詰める。
  2. おかずの水分(汁気)はよく切ってから詰める。
  3. 生のままの食材はNG(生野菜も避けた方が無難)!しっかり加熱する。
  4. 調理前は手洗いをしっかりし、食材を素手で触らないようにする。
  5. まな板や調理器具は食材ごとにこまめに洗って(変えて)使用する。
  6. 保冷材や抗菌シートを使う。
  7. 抗菌作用のある食材を使う。

など。

今回は、(7)にあげた、食材自体に抗菌作用の含まれるものを使った「傷みにくい」おかずレシピを集めてみました!上手に活用して、暑いシーズンも美味しくお弁当作りしちゃいましょう♪

胡麻酢が効いたトロ茄子生姜焼き

65fc7ede9cc91911e371cd5cd8e26e87e072a306_750x0_none
加熱するとトロトロ食感になる茄子をこっくり味の生姜焼きにした、ご飯がすすむベジおかず♪お酢と生姜で抗菌効果抜群!しっかり味が染みているので冷めても美味しい、お弁当におすすめの1品です♪

(胡麻酢でおいしい♪茄子の生姜焼き by:庭乃桃さん

詳しいレシピをチェック>>

おにぎりにおすすめ!梅ごはん

98e9ab591d16f072fde40705fd3108c61b215081_750x0_none
生姜×梅干し×大葉でしっかりトリプル抗菌!梅雨時期のお弁当に、安心・安全・美味しい♪文句なしでおすすめの梅入りご飯レシピです。炊飯器で梅と一緒に炊き込んでいるから、全体にまんべんなく梅風味がしみて旨みもたっぷりです。

(梅干しの炊き込みご飯 by:みなづきさん

詳しいレシピをチェック>>

シソでさっぱり!和風ポテトサラダ

4b0b54ea316dae1ab252c13e17a8877eaa085301_750x0_none
梅干しとシソがたっぷり入っているから抗菌作用もしっかり♪重たくなりがちなポテトサラダも、梅シソの風味でさっぱりいただけます。作り置きして冷蔵庫で冷やしておけば、朝は詰めるだけなのでおすすめです♪

(梅紫蘇入り!さっぱりポテトサラダ by:ゆりりんさん

詳しいレシピをチェック>>

ノンオイルでヘルシー!黒酢炒め

c8d4b3f58b5878aee93f9ee4c9d638f2c57549ff_750x0_none
人参と油揚げを油をひかずにそのまま炒め、黒酢と塩で仕上げたヘルシーなおかずレシピ。黒酢の抗菌作用でお弁当にも◎!クエン酸の効果で食欲不振や疲労回復にも役立ちます♪

(人参と油揚げの黒酢炒め♪ by:ひろさん

詳しいレシピをチェック>>

わさび醤油がやみつき!豚肉バター焼き

b9d5f1fdd0d70a246f4a77c52915496f35c841cb_750x0_none
ボリュームたっぷりの豚ももブロック肉を使ってバター醤油で味付け♪ご飯がすすむガッツリ系おかずはわさびが決め手!抗菌効果の高いわさびが加わることで痛みにくく、ピリッとスパイシーになるのでやみつき度もアップしちゃいます。

(豚肉バター焼き♪わさび醤油味 by:みぃさん

詳しいレシピをチェック >>

…いかがでしたか?

忙しい朝にせっかく時間をかけてつくるお弁当が、傷んでしまったら…とってもショックですよね。気付かず口にしてしまい、食中毒になったらさらに悲劇的!

お弁当が傷みにくくなるコツをしっかり意識して、傷みにくい食材でのお弁当作り、ぜひ取り入れてくださいね♪

この記事を書いた人
Nice to meet you!

美肌食マイスターの朝食レシピまとめ

気になるテーマ別・おすすめ朝ごはんレシピまとめ
Written by

宮内美苗(編集部)

美肌食マイスター。
今日の食事が未来の美肌を作る!をモットーに、高い美容費をかけなくても女性がキレイでいられるサポーター的存在でありたいと願い日々活動中。ダイエットアドバイザー、ジュニア野菜ソムリエの資格を併せ持ち、カラダの内側からのスキンケア、食べてキレイになれる情報を発信しています。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング