BLOG

思ったより簡単!「自家製塩麹」の作り方と朝の「腸活トマトスープ」レシピ

 

おはようございます。インナービューティープランナーのmariです。

本日からスタートしました公式ブログ「食べて体が喜ぶ!発酵食品で手軽に腸活あさごはん」。発酵調味料と、腸を整えるのにお勧めの食材を組み合わせた「腸活あさごはん」のレシピをお届けします。

初回のテーマは…「塩麹」♪塩麹の作り方と、野菜だしや塩麹で作るコンソメ不要の腸活トマトスープレシピをご紹介します。

思ったより簡単!「自家製塩麹」の作り方と朝の「腸活トマトスープ」レシピ

「塩麹(しおこうじ)」って?

塩麹

塩麹とは、麹と塩、水を混ぜて発酵させる発酵調味料のこと。

塩麹を普段の料理のお塩がわりに使うことで、料理のおいしさが格段にアップします。麹についている麹菌は、様々な酵素を出すことで、食材のタンパク質を分解して柔らかくしてくれたり、デンプンを分解して甘味や旨味を引き出してくれます。

塩麹は市販品でもよく見かけますが、実は誰でも簡単にお家で作れる調味料。材料は全てスーパーで揃いますよ♪

塩麹の作り方

塩麹の材料

材料

  • 米麹・・・100g
  • 塩・・・33g(米麹の1/3量)
  • 水・・・100ml(米麹と同量くらい)

作り方

1) 熱湯消毒した瓶に、米麹と塩を入れ、よく混ぜ合わせる。 ※ここでしっかり麹と塩を馴染ませることがポイント

2) 水を加えてスプーンで全体をよく混ぜる。

3) 3日〜1週間ほど常温に置き、1日1回下から上にかき混ぜる。水分が足りなく表面が乾いてしまう場合は水を足す。 ※水を足し過ぎると塩分濃度が下がり腐敗の原因となるため、少量ずつ加えましょう

麹が柔らかくなり、甘い香りがしたら完成です。

自家製塩麹で簡単♪朝の「腸活トマトスープ」レシピ

朝の「腸活トマトスープ」

材料(2人分)

  • 玉ねぎ(みじん切り)・・・1/4個(80g)
  • キャベツ(ざく切り)・・・50g
  • かぼちゃ(2cm角に切る)・・・50g
  • ニンニク(すり下ろし)・・・1/2片
  • 塩・・・ひとつまみ
  • (A)水・・・100ml
  • (A)カットトマト缶・・・100g
  • (A)塩麹・・・小さじ2
  • (A)オレガノ・・・小さじ1/2(なくてもOK)
  • お好みで、オリーブオイル・こしょう・パセリ

トマトスープの材料

<作り方>

1) 鍋に、大さじ3の水(分量外)、玉ねぎ、キャベツ、かぼちゃ、ニンニク、塩ひとつまみを入れ、玉ねぎが透明になるまで、蓋を閉めて弱火で蒸し煮にする(弱火でじっくり蒸し煮にすることで、野菜の旨味と甘味を引き出します)。

2) 混ぜ合わせた(A)を加え、一煮立ちするまで弱火〜中火にかける。

3) 器に盛り、オリーブオイル、パセリ、こしょうをかける。

いかがでしょうか?ぜひ、自家製塩麹をいつもの朝ごはんに取り入れてみてくださいね♪

☆この連載は<隔週月曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

食べて体が喜ぶ!発酵食品で手軽に「腸活あさごはん」

公式ブログ
栄養士、インナービューティープランナー、日本インナービューティーダイエット協会の講師mariさんが、発酵食品で手軽に摂れる「腸活あさごはん」のレシピを紹介します。
Written by

mari(栄養士)

(栄養士・インナービューティープランナー)
「食べて体が喜ぶ料理」をモットーに、腸を整え身体の調子整える食事を伝えている。発酵食品を駆使したシンプルな材料で、普段の料理をヘルシーに作れるレシピが得意。日本インナービューティーダイエット協会の講師として活動する他、レシピ提供、フードコーディネート、月1発酵ごはん会の主催など幅広く活動中。
Instagram:@mari_sgram

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング