前屈や正座が苦手な人に!体幹も強くなる「お尻・太ももの裏ストレッチ」

 

おはようございます。ヨガインストラクターの高木沙織です。

今日紹介するのは、脚を前後に大きく開いて上体を前に倒すポーズ。

このポーズを取ると、普段あまりストレッチをする機会がないお尻や太ももの裏が気持ちよく引き伸ばされることに加えて、体幹の強化もできてしまうのです。

「前屈をしたときに手が床につかない」「正座が苦手」という方は、お尻や太ももの裏の硬さが原因のひとつかもしれません。心当たりがある方はぜひ、一緒に気持ちよくポーズを取っていきましょう!



体幹の強化も叶う「お尻・太ももの裏ストレッチ」

1) 直立の姿勢から右脚を大きく後ろに引き、つま先をやや外側に開く

体幹の強化も叶う「お尻・太ももの裏ストレッチ」

※手は腰に添えます

※骨盤は立てておきましょう

2) 上体を前に倒し、床と平行にする

体幹の強化も叶う「お尻・太ももの裏ストレッチ」

※頭から尾骨まで、一直線になるようにしてください

※足幅や上体を倒す角度は無理のない範囲からでOKです

3) 右腕を頭の先にまっすぐ伸ばし、呼吸を5回繰り返す

体幹の強化も叶う「お尻・太ももの裏ストレッチ」

※腕は肩からまっすぐ、一直線に伸ばしましょう

※足の裏でしっかりと床を踏み、尾骨をうしろに引くように意識します

4) 直立の姿勢に戻ったら、左脚を後ろに引いて上体を前に倒し、左腕を前に伸ばして呼吸を5回繰り返す

体幹の強化も叶う「お尻・太ももの裏ストレッチ」

※身体に不調や痛み、違和感がある方は無理におこなわないでください

***

余裕がある方はキープする時間を長くしたり両腕を前に伸ばしたりして強度を高めることができますよ。ぜひ、試してみてくださいね。

☆この連載は<毎週金曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

すっきりキレイ♪朝のビューティーストレッチ

人気ヨガインストラクターに教わる、キレイになる朝のストレッチ♪
Written by

ヨガ講師 高木沙織

ヨガインストラクター。

「美」と「健康」には密接な関係があることから、インナービューティー・アウタービューティーの両方からアプローチ。ヨガインストラクターとしては、骨盤ヨガや産前産後ヨガ、筋膜リリースヨガ、体幹トレーニングに特化したクラスなどボディメイクをサポートし、野菜や果物、雑穀に関する資格も複数所有。”スーパーフード”においては難関のスーパーフードエキスパートの資格を持つ。

ボディメイクや食に関する記事執筆・イベントをおこない、多角的なサポートを得意とする。2018~2019年にはヨガの2大イベントである『yoga fest』『YOGA JAPAN』でのクラスも担当。産前産後ヨガインストラクター資格、Core Power Yoga CPY®、筋膜リリースヨガインストラクター資格を保有。

リフレッシュドライヘッドスパの資格も持つ。近年は小説やエッセイの執筆にも力を入れており、連載多数。

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング