BLOG

心豊かに生きるということ。ムーミン谷の住人たちの暮らしを描く一冊

 

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『ムーミン谷の仲間たち』

夏の読書にぴったりの一冊を選びました。ムーミンシリーズの作品でただひとつの短篇集です。ムーミン谷の仲間たちの魅力が詰まった9篇をどうぞ。


新装版 ムーミン谷の仲間たち
著者:トーベ・ヤンソン/訳:山室静
出版社:講談社

トーベ・ヤンソンさんの物語を愛する人の心のなかには、きっとそれぞれのムーミン谷がある。みんなどんなふうにムーミントロールや仲間たちのことを思い浮かべているんだろう。そんなことを考えながら読むととても楽しい。

9つの物語にはムーミン谷のさまざまな住人たちが登場します。「目に見えない子」では、ニンニという名前の女の子がムーミン一家にやってきます。でも、誰も彼女の姿を見ることができません。ひどくいじめられたことが原因で、ニンニはだんだん青ざめて、はしっこから色あせて、とうとう見えなくなってしまったんですって。そんなニンニを遊びに誘い出すムーミンやミイ。怖がらせないようにやさしく迎えるムーミンママが素敵です。

ムーミン谷の住人たちは、どんなときも自由に、心豊かに生きている。春の日にあたらしい歌を考えているスナフキン、おだやかな夏の日に、浜辺で大きなじゅうたんを洗うフィリフヨンカにも出会えます。

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング