自分の「好き」は、朝かなえる!ノートの夢を実行する方法

 

「朝活手帳」の著者 池田千恵さんの連載「朝ノートで作る!マイストーリーの育て方」では、朝時間を活用して人生を変えた池田さんに朝時間×ノートの使い方、考え方をご紹介いただきます。ノートを用意して、一緒に朝ノート習慣をはじめませんか?

第9回:自分の「好き」を集めると、朝はもっと楽しくなる(後編)

おはようございます!朝イチ業務改革コンサルタントの池田千恵です。この連載では、朝時間でノートに自分の過去(自分が紡いできた物語)や未来(これから紡ぐ物語)を描くことで、小さいころからの夢やワクワク、興味の向かう先を思いだし、未来の夢につながる「道しるべ」を見つける方法を紹介します。

前回の記事では、早起きしたいのにできない理由について分析し、解決策として自分の「好き」を100個挙げてみる提案をしました。今日は、その「好きを100個挙げる方法」を、具体的にどうすすめるかについて解説します。

「好きを100個」は気負わずはじめよう

「朝起きて何をしたいか分からない」「早起きできない」と悩む理由は、次の2つ。

  • 【1】「早起きして何をするか」を決めていない
  • 【2】本当は「好きでないこと」を朝やろうとしている

これらの解決法としてわたしが提案するのは、ノートに自分の「好き」を100個書くことです。

100個というとびっくりするかもしれませんが、「本を読むのが好き」「コーヒーと一緒におやつを食べる時間が好き」など、朝と関係ない内容でも問題ありません。モレやダブリは気にせずOK!主語と述語を揃えたりしなくてOK!

紅茶

こんな小さなことでもいいのかな?と迷っても、どんどん書いていくのがコツです。頭も心もやわらかくして、気軽に試してみてください。

ノートに100個も「好き」を書くと、その100個をひとつずつを毎日朝イチで実行できます。つまり、「朝することがない」がなくなります。

「好き×100個」で、夢に輪郭が見えてくる

ノートを書く女性

また、100個も書けば、自分の興味の方向性や、「早起きして勉強したい」という言葉に隠されたホンネが見えてきます。

例えば「朝活で勉強したい」理由は何か?と聞かれて明確にパッと言えなくても、「好き」を書き出していくうちに

  • 知らない世界を知るプロセスが好きだから、私は勉強が好きなんだ
  • やればやるほど効果が見えるから、私は勉強が好きなんだ

といったように、朝活で勉強したい「本当の理由」まで分かるようになります。

同じことを何度も書いてしまった、という方は、つい何度も書いてしまうことこそ、自分が心から好きで、ゆずれないことかもしれません。ダブリがあったらそこを丁寧に観察してみましょう。

ノートを振り返る女性

それでも書く手が止まってしまった時は、発生した単語を、連想ゲームのように繋げていくのもいいですね。例えば「ドライブが好き」→「運転が好き」→「助手席で景色を見るのが好き」→「遠くに行くための計画をするのが好き」…といったように連想を繰り返すと、ぼんやりとした「好き」に輪郭がついてくるのを感じられるでしょう。

グッときた「好き」に印をつけよう!

ノートをとる女性

書き終わった100個を、ひとつずつ朝の時間で実現していくだけで、朝活が充実したものになりますが、さらにレベルアップしたいときは、グッときた「好き」に印をつけ、グループ分けしてみましょう。

100個も書くと自分の琴線に触れる言葉が見つかります。響く言葉に印をつけていくと、自分の志向がだんだん見えてきます。

例えば

  • 好きな時に好きなことを好きな場所でするのが好き
  • 時間に追われない生活が好き
  • 表も裏も知った上であえてポジティブを見出すことが好き
  • 人の良いところを引き出すことが好き

…といったように、具体的な「好き」の輪郭がだんだん見えてくることに気づくでしょう。自分の「好き」の輪郭がクッキリしてくると、その「好き」を叶えるためには、どんなライフスタイルがいいのか、どんな仕事が理想か、そのために朝に何をしたら良いのかもおのずと見えてきますよ。ノートとペンだけあれば、今すぐ「好きを100個書き出す」ノート術、ぜひお試しください!

☆本連載は毎月1日・2日の公開です。

☆前編「早起きできない…を解決!わたしの「好き」を集める朝ノート術」 >> https://asajikan.jp/article/188845

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝ノートで作る!マイストーリーの育て方

Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング