早起きできない…を解決!わたしの「好き」を集める朝ノート術

 

「朝活手帳」の著者 池田千恵さんの連載「朝ノートで作る!マイストーリーの育て方」では、朝時間を活用して人生を変えた池田さんに朝時間×ノートの使い方、考え方をご紹介いただきます。ノートを用意して、一緒に朝ノート習慣をはじめませんか?

第9回:自分の「好き」を集めると、朝はもっと楽しくなる(前編)

おはようございます!朝イチ業務改革コンサルタントの池田千恵です。

この連載では、朝時間でノートに自分の過去(自分が紡いできた物語)や未来(これから紡ぐ物語)を描くことで、小さいころからの夢やワクワク、興味の向かう先を思いだし、未来の夢につながる「道しるべ」を見つける方法を紹介します。

連載9回目の今回は、「早起きしたいのにできない」を解消する、「好き」を集めるノート活用法について解説します。

「ツライこと」を頑張ってない?早起きできないワケ

職業柄、「早起きしたいのにできない」という悩みを聞くことはとても多いです。その悩みを持つ方に、さらに詳しく聞いてみる中で、早起きができない原因は大きく2つあることがわかりました。

【1】「早起きして何をするか」を決めていない

朝、何をするかを決めずに「早起きしたら、なんとなく素敵な1日になりそう」と思っても、結局朝の眠気に負けてしまいます。早起きをしようと思ったら、「起きて何をするか」を、ざっくりで良いので寝る前に決めてしまいましょう。私は、寝る前に手帳やノートで「朝起きてすること」を書くことをおすすめしています。

メモをとる女性

【2】本当は「好きでないこと」を朝やろうとしている

そして2つめも、根が深い原因です。「早起きして勉強したい」「スキルアップしたい」などと、最初からちょっと飛ばした「苦行」や、つらいこと、本当は好きじゃないことをはじめようとすると、失敗することが多いのです。

もちろん、今までと違う自分になろうというその「やる気」は大切。ですが、最初からトップギアで進めると、息切れしてしまうことも…。

早起きの習慣化は、今まで慣れ親しんだ時間軸から卒業することなので、やはり最初は「苦行」です。早起きだけでも苦行なのに、起きてからつらいことをしようとすると、それは「苦行の二重奏」。続かないのは当たり前です。

最初から飛ばした目標を立て、達成できなかった朝を数えるのは、ツライですよね。「今日はこれだけできた!」そんな朝の回数を数えられるようになれば、1日の始まりが180度変わります。

朝に限らなくてOK!あなたの「好き」を100個挙げてみて

では、上記の2つの原因をクリアできる方法はあるのでしょうか。

私は、ノートに自分の「好き」を100個書き出してみることをおすすめしています。どんなことに楽しみを感じていて、夢中になっているかを、出来る限り多く挙げてみてください。

え!100個?とちょっとひるんだ方。ご安心を。モレやダブリは気にしないでOKです。同じことを2回書いちゃった…などのダブりや、名詞と動詞が混在しているなどの細かいことは気にせず、勢いに任せてどんどんと書いていくと、だんだんノッてきて、どんどん書けるようになります。

100個も書けば、その中に、すぐにできそうな朝の楽しみが見つかるはず。

「朝早起きしても、ついぼーっとしてしまった」「ネットを見続けて時間を潰してしまった」という時は、早起きしてやろうと思っている「好き」がアイマイだから。自分がちゃんと「好き」なことならば、早起きのモチベーションにつながります。

例えば、100個挙げた項目から、毎朝ひとつずつ試してみたら…それだけで毎日の朝活がすばらしいものになる気がしませんか?

明日公開予定の後編では、「好きを100個」の具体的な進め方と、書いたあとどうする?についてお伝えします!どうぞお楽しみに。

☆本連載は毎月1日・2日の公開です。

☆後編「自分の「好き」は、朝かなえる!ノートの夢を実行する方法」は、8/2(日)公開予定です。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝ノートで作る!マイストーリーの育て方

Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング