朝ノートでわくわくを見つけよう!1日の「理想的な時間割」の作り方

 

「朝活手帳」の著者 池田千恵さんの連載「朝ノートで作る!マイストーリーの育て方」では、朝時間を活用して人生を変えた池田さんに朝時間×ノートの使い方、考え方をご紹介いただきます。ノートを用意して、一緒に朝ノート習慣をはじめませんか?

第10回:こうなったら最高!朝ノートで理想の1日を描いてみよう(前編)

おはようございます!朝イチ業務改革コンサルタントの池田千恵です。この連載では、朝時間でノートに自分の過去(自分が紡いできた物語)や未来(これから紡ぐ物語)を描くことで、小さいころからの夢やワクワク、興味の向かう先を思いだし、未来の夢につながる「道しるべ」を見つける方法を紹介します。

連載10回目の今回は、朝ノートで、その日のわくわくが詰まった「理想の時間割」を作る方法について解説します。

「1日24時間じゃ足りない!」と感じるのはなぜ?

腕時計

早起きに興味がある人は「あれも欲しい、これも欲しい」…そんな欲張りな人が多いと感じます。欲張りな分「1日が24時間じゃ足りない!」と感じることもあるでしょう。

私は欲張りは大いに結構だと思っています。なぜなら、欲張りは自分をもっともっとバージョンアップさせたいという意欲の裏返しだからです。

ただ、やりたいことがありすぎるときに心配なのが、やりたいことのために睡眠時間を削ってしまうこと。時間を詰め込んで睡眠時間を削りながら、頭が働かない中でやりたいことを続けようとすると、「やりたい」のアンテナが鈍ってしまうのです。

忙しく働く女性

「やりたい」へのアンテナが鈍ると、本当はやりたくないことやしなければならないこと(=Have to)を、やりたいことだ(=Want)と勘違いし、後生大事にしてしまいます。

例えば、「朝活して掃除したい」という場合、ホントに掃除が大好きで、床がピカピカになる様を見ていて最高だと感じるなら、それは本当に「したいこと」ですよね。でも、最初に掃除しないと自分が気持ち悪いから仕方なく…なら、本当に「したいこと」ではないではないでしょうか。

Want ではなく Have to で日常を埋めてしまうことは、心から「したい」と思う気持ちを、忙しさに紛れてないがしろにしているのと同じ。そして、そんな Have to で1日を埋めてしまうと、当然1日24時間では足りなくなります。

つまり、いつも時間が足りないとか、何かに追われている気がするといった心当たりがある人は、この Have to と Want が混在している可能性があります。本当に心から、誰かに止められようが何をしようが、思わずやってしまうこと。それが「Want」です。まずは、自分の Want を探すところからはじめてみましょう。

朝ノートには「Want」が詰まった時間割を描こう!

ノートに書く女性

そこで登場するのが朝ノートです。前向きになれる朝の時間で、Want を詰め込んだ理想的な1日の時間割をわくわく描いてみませんか?

まずは、ノートに次の図のような時計の枠を描き、その日の理想の時間割を埋めてみましょう。この図を保存し、拡大印刷してノートに貼り付けてもOKです。

 

ポイントは「現状よりも理想」

重要なポイントは現状に引っ張られず、理想の時間割をイメージすること。

例えば、通勤時間が1時間、勤務時間が7時間という現状…それは理想ですか?人によっては理想ではないかもしれませんよね。もし1日3時間しか働かないことが理想なら、3時間労働の時間割をつくってしまっていいんです。

現状を「仕方ない」「そういうものだ」と固定して考えずに、思考の枠を取り払う手段=この時間割作成なのです。

明日公開予定の後編では、自分で作った理想の時間割をどうやって現実に近づけるか?そのヒントをお伝えします。どうぞお楽しみに。

☆本連載は毎月1日・2日の公開です。

☆後編「理想の毎日が手に入る!?朝ノートに描いた「時間割」活用法」は、9/2(水)公開予定です。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝ノートで作る!マイストーリーの育て方

Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング

  • 無料アプリ
  • 無料アプリでもっと便利に♪

    レシピや記事をお気に入り機能で保存

    最新の人気記事が毎日届くから見逃さない