お鍋1つで簡単作り置き!疲れ目にきく「にんじんポタージュ」

 

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

前回のレシピ(調理時間5分!サバ味噌スープうどん) はいかがでしたか?とっても簡単・時短で食べ応えのある一品です。忙しい朝にでもぜひお試しください。

今回は、スーパーの店頭にも並び始めた新にんじん(春にんじん)と新玉ねぎを使った、春らしいポタージュスープをご紹介します。といっても、もちろん、通常の人参や玉ねぎでも作れます。冷凍保存もできるので、たくさん作ってストックしておくのもおすすめです。

「新にんじん」「新玉ねぎ」って?

春のはじめに収穫されたにんじん・玉ねぎのこと。つまりは、冬の間も栽培されていて獲れたてということ。貯蔵や乾燥などの期間を経てないので、みずみずしく・甘い という特徴があります。なので加熱調理はもちろん、生食のサラダなどもとてもおいしく食べられます。通常のものに比べて水分量が多いので、買ったらなるべく早めに使うのがおすすめです。

今週のセルフケア食材「人参」

にんじん

にんじんは血液を作る野菜。目の疲れなどに効果が期待できます。疲れ目やかすみ目、スマホやPC作業によく目を使う方はぜひたっぷりにんじんを摂るようにしましょう。

お鍋1つで簡単作り置き!疲れ目にきく「にんじんポタージュ」

お鍋1つで簡単作り置き!疲れ目にきく「にんじんポタージュ」

材料

  • にんじん 1本
  • 玉ねぎ 1/2個
  • (A)水 300ml
  • (A)コンソメ(顆粒) 小さじ1
  • 塩 適量
  • オリーブ油 大さじ1
  • サワークリーム、クルトン、パセリ お好みで

作り方

1) にんじんは皮をむいて縦半分に切り、半月の薄切りにする。玉ねぎは薄切りにする。

2) 鍋にオリーブ油を熱し、玉ねぎを炒める。弱めの中火で炒め、しんなりして全体がきつね色になったらにんじんを加える。全体に油が回ったら(A)を加え、沸いたら蓋をして弱火で10分煮る。

3) ハンドブレンダーまたはミキサーで攪拌し、滑らかになったら塩で味を調える。

冷凍保存するときは

冷凍可能のチャック付きの袋にいれ、空気を抜いて保存しましょう。バットに入れて厚みを平らにして冷凍すると、庫内でもかさばらず、解凍もしやすいです。

◎Instagramにて薬膳や料理教室について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram:@nanako.yakuzen

☆この連載は【毎週月曜日】に更新します。次回もお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

働く女子の簡単セルフケア朝ごはん

薬膳に詳しい料理家さんに教わる、忙しい朝でもできる「セルフケア」朝ごはんレシピ♪
Written by

料理家 齋藤菜々子

料理家・国際中医薬膳師

IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。アシスタントの傍ら、日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。

Instagram:@nanako.yakuzen

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング