レンジで完成!年末のイライラを和らげる「豚と玉ねぎの温しゃぶサラダ」

 

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

前回の記事でご紹介した「ほうれん草とベーコンのピラフ」(https://asajikan.jp/article/176713) はいかがでしたか?炊飯器に入れるだけの簡単レシピで、お弁当やおにぎりにもぴったりなので、ぜひお試しくださいね。

今日は、電子レンジを使って簡単にできる「イライラ解消」に効くサラダをご紹介します。

なんだかイライラしたら…香りのあるものを食べよう

「師走」は、やるべきこともイベントも多く、忙しさにも拍車のかかる時期。ばたばたしているとついつい食事をおろそかにしたりして、気持ちも落ち着かずにイライラしがち。

中医学では、イライラは「気の巡りが悪い」状態。私たちの体は絶えず「気」(エネルギーのようなもの)が巡っています。気はイライラによってどんどん上へと登るもの。なので人が怒りを覚えるときは「頭にくる!」などという言葉があります。

そんな「気」を、上にのぼるばかりでなく、気持ちよく全身を巡るように調整するのが「香り」の力です。

皆さんは、アロマオイルなどの香りをかいで、ほっと体がほぐれ、リラックスしたことがあること…ありませんか?それと同じことが食べ物にも言えるのです。

香りのある食べ物とは?

気の流れをよくする、香りのある食べ物は、主に以下のものです。

そば、大葉、柑橘類(みかん、ゆず、すだち、グレープフルーツ、オレンジ など)、ハーブ類(オレガノ、タイム、バジル、カモミール、ラベンダー など)

玉ねぎ

身近な野菜なら、玉ねぎやピーマン。飲料なら、ジャスミン茶がおすすめです。

今日は、そんな玉ねぎをたっぷりと使った、パンにもごはんに合う「温しゃぶサラダ」をご紹介します!

レンジで完成!年末のイライラを和らげる「豚と玉ねぎの温しゃぶサラダ」

 

レンジで完成!年末のイライラを和らげる「豚と玉ねぎの温しゃぶサラダ」

材料(2人分)

  • 豚バラしゃぶしゃぶ肉 80g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • (A)ポン酢 大さじ2
  • (A)ゆずこしょう 小さじ1/3~小さじ1/2
  • (B)酒、みりん 各大さじ1/2
  • 万能ねぎ(小口切り)、スプラウト 各適量

作り方

1) 玉ねぎは薄切りにする。豚バラ肉は食べやすい大きさに切る。玉ねぎはさっと水にさらして水気を切る。(A)を合わせる。

2) 耐熱の皿に玉ねぎをしき、上に豚バラ肉を覆うようにのせる。(B)をまわしかけてふんわりラップをし、600Wのレンジで4分加熱する。水分が多く出ていたら軽く切り、万能ねぎ、スプラウトをトッピングし、(A)をかけて食べる。

レンジで完成!年末のイライラを和らげる「豚と玉ねぎの温しゃぶサラダ」

ポイント

  • 豚肉は、火が通りやすく馴染みの良いしゃぶしゃぶ肉を使用してください
  • 酒とみりんを振ることで、肉の臭みをおさえ、玉ねぎの甘さを引き立てることができます
  • ゆずこしょうの量はお好みの辛さに調整してください

◎Instagramにて薬膳や料理教室について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram:@nanako.yakuzen

 

☆この連載は【毎週月曜日】に更新します。次回もお楽しみに。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

働く女子の簡単セルフケア朝ごはん

薬膳に詳しい料理家さんに教わる、忙しい朝でもできる「セルフケア」朝ごはんレシピ♪
Written by

料理家 齋藤菜々子

料理家・国際中医薬膳師

IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。アシスタントの傍ら、日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。

Instagram:@nanako.yakuzen

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング