手軽に夏バテ防止!さんま缶で簡単「ひつまぶし風冷やし茶漬け」

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤 菜々子です。

本格的な暑さが予想される8月はすぐそこ!今週の土曜日、7/27は「土用の丑の日」です。

おいしくて栄養満点のうなぎもよいですが、夏バテになりがちなこの時期は、朝ごはんでも手軽にスタミナ補給出来ると嬉しいですよね。

そこで今日は、土用におすすめの、手軽な「缶詰」を使って簡単に作れる、おいしいスタミナ朝ごはんをご紹介します。

パワーを補う!「さんま」を食べてセルフケア

さんまには、体力がない、病気になりやすいなどの「パワー不足」を補う力があります。同時に血の流れも整え、暑さや湿気で疲れやすい胃を労わります。

「土用」とは?

この「土用」という考え方は中医学の暦(こよみ)が元になっています。実は土用は年に4回あり、四季の変わり目にあたる体調を崩しやすい時期を指します。

7月末は中国では日本の梅雨のような雨季のこと。この時期に食欲が落ちがちになることが多いのは、体の中で栄養素が運ばれるときに、重さのある水分は消化の負担となるからです。

食欲が減退して体力が落ちやすい体を労わる…土用はそんな大切な期間なのです。

今日は、うなぎよりも手軽にパワー不足を補うことができる「さんま缶」を使って、食欲がなくてもさらっと食べやすい冷やし茶漬けをご紹介します。

手軽でおいしいスタミナ朝ごはん♪さんま缶で簡単「ひつまぶし風」冷やし茶漬け

手軽でおいしいスタミナ朝ごはん♪さんま缶で簡単「ひつまぶし風」冷やし茶漬け

材料(1人分)

  • さんま缶(かば焼き) 1/2缶
  • だし汁 150ml ※だしのとり方は下記を参照してください
  • しょうゆ 小さじ1/3
  • 塩 少々
  • ごはん お茶碗1杯分

◎お好みの薬味 粉山椒、万能ねぎ、のり、わさび など

作り方

1) だし汁はしょうゆと塩で味を整え、冷蔵庫で冷やす。さんまは長さを半分に切る。

2) 器にごはんを盛り、さんま缶のタレをかける。さんまの身をのせ、好みで粉山椒や万能ねぎ(小口切り)を散らす。

3) 冷えただしとだし氷を注ぎ、好みの薬味をトッピングして食べる。

ポイント

「だし氷」を作っておけば、味も薄まらず保存もききますよ。だしをとって余ったら、製氷ケースなどに入れて作っておきましょう。

だし氷

だしのとり方(完成800ml)

1) 水1リットルに昆布(10g)を30分以上漬ける。

2) 弱火にかけ、沸騰直前になったら昆布を取り出す。

3) 一度沸かしてから火を止め、かつお節(20g)を入れてそのまま2分以上待つ。キッチンペーパーを敷いたざるで濾す。

今日もおいしい朝ごはんで、よい1日になりますように。

◎Instagramにて薬膳や料理教室について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram:@nanako.yakuzen/

☆この連載は【毎週月曜日】に更新します。次回もお楽しみに。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

働く女子の簡単セルフケア朝ごはん

薬膳に詳しい料理家さんに教わる、忙しい朝でもできる「セルフケア」朝ごはんレシピ♪
Written by

料理家 齋藤菜々子

料理家・国際中医薬膳師

IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。アシスタントの傍ら、日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。

Instagram:@nanako.yakuzen

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング