体の中から乾燥ケア!忙しい朝でも簡単「おかかクリチのごまおにぎり」

 

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

前回の記事(レンジで簡単カルボナーラリゾット)はいかがでしたか?秋の便秘対策をしながらレンジだけで作れるお手軽リゾット、ぜひお試しくださいね。

今日は、秋も深まってきたこの季節、乾燥インナーケアにぴったりの食材を使ったレシピをご紹介します。

薬膳的セルフケアポイント

今回ご紹介するのは「白胡麻」です。薬膳では、秋はもっとも乾燥のすすむ季節。喉や肌、鼻の乾燥や、コホコホとした空咳、便秘、風邪などの症状が現れやすくなります。

そんな乾燥でダメージを受けた体をケアするのが、白胡麻なんです。

白胡麻の効能

  • 体内、皮膚を潤す
  • 腸のすべりをよくする

白ごま

白胡麻に代表される「種実類」は油分を含んでいるものが多いので、体を保湿したり潤わせて便通を良くするものが多いです。(例:亜麻仁、アーモンド、くるみ、杏仁、松の実、ピーナツ など)

和洋中、色んな料理に合うので、ぜひ今の時期はたくさんのお料理にトッピングしてみてくださいね。

体の中から乾燥ケア!忙しい朝でも簡単「おかかクリチのごまおにぎり」

体の中から乾燥ケア!忙しい朝でも簡単「おかかクリチのごまおにぎり」

材料(2個分)

  • ごはん 200g
  • (A)鰹節 5g
  • (A)しょうゆ、おろししょうが 各小さじ1/2
  • クリームチーズ 1個(18g)
  • 白胡麻 たっぷり

作る前のひと手間ポイント

白胡麻はそのままでもOKですが、少し乾煎りすると、各段に香りがよくなります。時間があるときはぜひやってみてください。

ゴマを炒る

作り方

1) ボウルに(A)を合わせて全体がなじむまでよく混ぜる。

2) (1)にごはんを入れて混ぜ粗熱がとれたら、クリームチーズを1cm角くらいの大きさにちぎって加える。

3) 手に濃いめの塩水(分量外)をつけておにぎり型に成型し、バットなど平らなものに白胡麻を広げ、側面にまんべんなくつける。

いかがですか?クリームチーズが入ることで、一気にお子様も好きな味に仕上がります。梅干しや鮭、昆布など定番の具材とも相性抜群なので、お好みでアレンジしてみてくださいね。

◎Instagramにて薬膳や料理教室について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram: @nanako.yakuzen

☆この連載は【毎週月曜日】に更新します。次回もお楽しみに。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

働く女子の簡単セルフケア朝ごはん

薬膳に詳しい料理家さんに教わる、忙しい朝でもできる「セルフケア」朝ごはんレシピ♪
Written by

料理家 齋藤菜々子

料理家・国際中医薬膳師

IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。アシスタントの傍ら、日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。

Instagram:@nanako.yakuzen

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング