もう余らせない!「バナナ」を朝もっと楽しむ6つの方法

1年を通して、スーパーでもコンビニでも(さらにはコーヒーショップでも!)手に入る、食物繊維豊富な「バナナ」

特に時間のない朝など、「朝ごはんはバナナ1本」なんて方もいるのでは?手軽に食べられるだけでなく、しっかり食べごたえがあって、満足感があるのも嬉しいですよね。

今回は、そのまま食べてもおいしい「バナナ」を、もっと楽しむための朝ごはんアイデア6通りをご紹介します☆

【1】ヨーグルトと合わせる

まずは、相性の良いヨーグルトと合わせて。

キウイやブルーベリー、オレンジなど、季節のフルーツを盛り合わせて、朝からヘルシーパフェ気分を味わうのもおすすめです♪

フルーツの甘味のおかげで、お砂糖やはちみつを足さなくても、プレーンヨーグルトのまま十分甘酸っぱくおいしくいただけるのも◎

(フルーツヨーグルト♪ by:mama*さん)

詳しいレシピをチェック>>

【2】トーストにのせる

続いては、焼いたトーストにのせて楽しむ方法。

いつものジャムトーストに上に、スライスしたバナナをのせるだけで、グーンとボリュームアップ!

いちごジャム、ブルーベリージャム、オレンジマーマレード…バナナはいろいろなジャムと相性がよく、バリエ豊富に楽しめるんですよ。もちろんクリームチーズやチョコクリームをあわせてもGOOD!

小さな丸がたくさん並んだビジュアルもかわいい一品♪

(5分でできる!「バナナトースト」 by:福田淳子さん)

詳しいレシピをチェック>>

【3】ミキサー不要!ミルクティーと合わせる

バナナのドリンクといえばミックスジュースやスムージーも人気ですが、ミキサーを持っていなかったり、洗うのが面倒だったりしますよね。

このドリンクは、紅茶と牛乳、そして細かく刻んだバナナをチンするだけでOK!の、ホットバナナミルクティー。

普通のミルクティーより飲みごたえがあって、とろみとコクもたっぷり!お腹も満たされます。

夏でもカラダを冷やしたくない、という方にもおすすめです。

 

(バナナミルクティー by:Kae (カエ)さん)

詳しいレシピをチェック>>

【4】バゲットに詰める

バナナといえば、パフェやプリンアラモード、パンケーキなど、「生クリーム」とも相性バツグン!ですよね。

でも、朝ごはんにはちょっと甘すぎる気も…。そんなときは、バゲットをくり抜いて、バナナとホイップした生クリームをつめるアレンジはいかが?

バケットをこんがり焼いておくと、カットする時に形が崩れにくく、サクサク食べることができるそうですよ♪

(バケットでまるごとバナナ by:あるものレシピさん)

詳しいレシピをチェック>>

【5】パイシートにのせてトースターで焼く

続いては、冷凍パイシートにのせて焼くだけ!の、簡単だけど、ホームパーティーなどおもてなしにも活躍しそうなミニバナナパイ♪

パイシート、バナナ、シナモンシュガーだけで、しかもトースターでできちゃうのが嬉しい!一口サイズで食べやすいのも◎

お好みで、はちみつやメープルシロップ、チョコシロップなどをかけて楽しんで。

(トースターでお手軽♪ひとくちバナナパイ by:まんまるらあてさん)

詳しいレシピをチェック>>

【6】フレンチトーストと一緒に焼く

最後は、フレンチトーストと一緒に焼いて味わう「焼きバナナ」アレンジ。

バナナはバターでソテーすることで香ばしさと甘さが強まり、そのまま食べるのとはまったく違う美味しさを味わえるのが特徴。

卵、牛乳、バターとの相性もよいので、フレンチトーストを作るときに余ったバナナがあれば、ぜひ一緒に焼いてみて☆

 

(バナナフレンチトースト by:マルシェさん)

詳しいレシピをチェック>>

…いかがでしたか?今回は、朝ごはんで食べたい「バナナ」の楽しみ方をご紹介しました。

生のままヨーグルトやパンと合わせたり、チンしたり、トースターやフライパンで焼いたり…一人暮らしさんでも、ひと房まるごとおいしく食べ切れるはず!ぜひお試しくださいね♪

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング