10分朝ごはんの定番!基本の「スキレット目玉焼き」レシピ

 

おはようございます!ヤミーです。

私の時短朝ごはんの定番「スキレット目玉焼き」。今までも何度か登場していますが、改めて丁寧に作り方をご紹介します!!

2017-09-26 15.28.22-1

スキレット目玉焼きの良いところは、何といっても一気に目玉焼きと付け合わせが出来ちゃうところ。

そして、調理から食卓までこれひとつで良いところです。使っているのはこちらのミニスキレット5インチ。

2017-09-26 15.08.26-2

1~2人分のスキレット目玉焼きが作れるサイズです。スキレットのこのサイズはさまざまなメーカーから出ていますが、蓋はぜひぜひ一緒に購入してほしい!蓋があると、使い方のバリエーションが広がります。

では、スキレット目玉焼き1人分の作り方。

まずはオリーブオイルを小さじ1/2ほど入れて中火にかけて、火の通りにくいソーセージや野菜をさっと炒めます。焼き色がつくかつかないかぐらいが目安。

2017-09-26 15.11.40-1

続いて、弱火にして付け合わせを端によせて、空いたところにまたオリーブオイル小さじ1/2ほど入れます。

卵を割り入れ、火の通りやすい具も入れて、1~2分中火で焼いたら、火を止めて余熱で半熟になるまでおきます。(この時、付け合わせは焦げないように向きを変えてください!)

2017-09-26 15.13.23-1

半熟になったら、塩コショウを振りかけて出来上がり!!

2017-09-26 15.16.55-1

切ると黄身がとろ~り♪

2017-09-26 15.30.56

この黄身をパンにつけて食べるのが好きなのです。

もう少し火を通したい、というときは、余熱の時に蓋をしてみてください。黄身が固まりやすくなります。(蓋がなければアルミ箔で覆えばOK

ということで、ここまで6分ほど。余熱で火を通している間に、コーヒーをいれたりパンを焼いたりすれば、10分で朝ごはんの出来上がり

2017-09-26 15.27.38-1

具を変えて毎日楽しんでくださいね。以下おさらいです。

基本の「スキレット目玉焼き」レシピ

材料:1人分 調理時間:6分

  • ソーセージ 2本
  • いんげん 3本
  • ミニトマト 3個
  • 卵 1個
  • オリーブオイル 小さじ1
  • 塩 少々
  • こしょう 少々

作り方:

1) スキレットを中火にかけ、オリーブオイル半量をひいて切れ目を入れたソーセージと半分に切ったいんげんをさっと炒める。

2) 弱火にして残りのオリーブオイルを入れ、卵を割り入れてミニトマトも加える。火が通るまで4~5分ほど焼く。ソーセージやいんげんは、焦げ付かないように向きを変える。

3) 白身が固まったら塩こしょうする。

※大きなスキレットやフライパンで作れば、複数人数分も一気にできます。その時は調理時間が若干かかります。


(編集部より)ヤミーさんがお使いのものとはサイズ・メーカーが異なりますが、モーニングマルシェでもスキレットをご紹介しています。 ひとつ持っていると食卓に並んだときのかわいさだけでなく、便利さ、おいしさにも虜になるアイテムですよ♪

☆この連載は毎月<第2・第4週の水曜日>に更新します。次回10/11(水)もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

10分以内で完成!ヤミーさんのスピード朝ごはんメニュー

忙しい朝時間でも作れる!朝食メニューと時短テクニック
Written by

ヤミー(清水美紀)

輸入食材店に勤務していた知識を生かして世界中の料理を3ステップの簡単レシピにしてお届けする料理研究家。2006年1月にスタートした料理ブログは、2007年6月に『大変!! この料理簡単すぎかも…ヤミーさんの3STEP COOKING』(主婦の友社)として出版され、ベストセラーとなる。それをきっかけに料理研究家の道に進み、現在は料理本の他、企業のレシピ開発、商品開発、雑誌、TV、WEBなどで活躍中。最新刊は『ヤミーさんの毎日使えるオーブントースターレシピ』(扶桑社)
「大変!!この料理簡単すぎかも… ☆★ 3STEP COOKING ★☆」
http://ameblo.jp/3stepcooking/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング