リメイクならたった5分で!ボリューム朝ごはん10例

 
 おはようございます!ヤミーです。

今週は、「「3つの法則」で調理時間5分!時短朝ごはんバリエ」の続き、「その2:前日の残り物をリメイク」についてです。(「その1:同時に調理について」はこちら→同時進行でらくらく!時短朝ごはんのコツ♪

前日にあまったカレーを翌朝食べるってことってありますよね。

翌朝のカレーってすっごく美味しいけど、それもちょっと工夫すると”あまりもの”感がなくなって、しかもボリュームUP!ちょこっとだけが立派な一品になるんです。

それは、カレーだけではなく、スープやみそ汁、炒め物でもそう。あまりがほんの少しだけだからと言って、無理に食べたり捨てたりするのではなく、朝の時短のために取っておくのも良いんです。

では、その例を見ていきましょう。

カレーがあまっていたら

5月5日の朝ごはん。目玉焼きのせドライカレー

5.5

カレーの残りでドライカレー。

すでに調理済みのものを炒め合わせるだけだから、ホントあっという間。キーマカレーをフライパンで炒めて温まったらごはんを加えて出来上がり♪

これを作る場合、目玉焼きを先に焼いて、空いたフライパンでドライカレーを作れば洗い物が少なくなります。

4月3日の朝ごはん。カレー焼きうどん

4.3

キーマカレーを焼きうどんに。

フライパンに野菜を入れて炒めて、カレーと冷凍うどん加えて、フタをして蒸し焼きに。炒めなくて良いので、気軽に作れる焼きうどんです。

焼きうどんの作り方はこちら→使わないのはもったいない!「冷凍うどん」で10分蒸し焼きうどん♪

スープがあまっていたら

12月6日の朝ごはん。スキレットリゾット。

12.6

ミネストローネの残りでリゾット風。

スキレットに冷ご飯を敷きつめて、ミネストローネを加えて火にかけたら、卵を落としてグツグツ。半熟になってきたらチーズをかけて蓋をして、チーズが溶けたら完成です!

すごく美味しくて、これのためにスープを余分に作ってしまうくらいです。

4月2日の朝ごはん。キーマカレー

4.2

トマトスープの残り物に、ひき肉と野菜、カレー粉を足してキーマカレーに。

ただ材料足して煮るだけ。出来立て朝カレーが食べれます^ ^

1月12日の朝ごはん。野菜たっぷり雑炊

1.12

前日のスープにごはんを入れて煮ただけ。旨みが出てて美味しい♪ピーマンのクタクタぶりがかなりいい味出してます!

リメイクすると、いつもとはちょっと違う食感や味の発見になるかも!

11月13日の朝ごはん。パングラタン。

11.13

昨日のスープの残りでパングラタン。

耐熱皿にひとくち大に切ったパンとスープを入れて、チーズを散らしてオーブントースターで焼いたら出来上がり♪

リメイクとは思えない味になります。

みそ汁があまっていたら

2月2日の朝ごはん。卵入り豚汁うどん
2.2

残り豚汁にみりんとしょう油を少し足して、温めて冷凍うどんを入れてほぐれたら、卵を落として蓋をして3分。

蓋をしないとなかなか卵に火が入らないので、汁物に卵を落とし入れるときは蓋をします。

 

その他に、、、

オムレツがあまったらサンドイッチ♪
3.7

唐揚げがあまったら、デリ風サラダに♪
7.13

便利なのはブリトー!ちょこっとずつあまったおかずで作れます。洋風だけでなく、和風の煮物なんかも案外美味しいです。
6.3

ちょっと目先を変えると、あまり物で作ったとは思えない料理になりますよね。

リメイク朝ごはんで時短&おなかいっぱい食べてくださいね。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

10分以内で完成!ヤミーさんのスピード朝ごはんメニュー

忙しい朝時間でも作れる!朝食メニューと時短テクニック
Written by

ヤミー(清水美紀)

輸入食材店に勤務していた知識を生かして世界中の料理を3ステップの簡単レシピにしてお届けする料理研究家。2006年1月にスタートした料理ブログは、2007年6月に『大変!! この料理簡単すぎかも…ヤミーさんの3STEP COOKING』(主婦の友社)として出版され、ベストセラーとなる。それをきっかけに料理研究家の道に進み、現在は料理本の他、企業のレシピ開発、商品開発、雑誌、TV、WEBなどで活躍中。最新刊は『ヤミーさんの毎日使えるオーブントースターレシピ』(扶桑社)
「大変!!この料理簡単すぎかも… ☆★ 3STEP COOKING ★☆」
http://ameblo.jp/3stepcooking/

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング