[あしたの朝ごはん]第14話:記念すべき初仕事

(この物語のあらすじ)

フリーライターの莉子は、店主のハルコさんおいしい朝ごはんを作る「カフェ あした」の常連客。東京から遠く離れた架空の小さな街・夢野市で、愉快な人びとや魅力的な食材が出会って生まれる数々の出来事。

そんな日常の中で、主人公の莉子が夢をかなえる鍵を見つけていきます。第2週は「おにぎりに恋をして」。

HM103_L

第14話:記念すべき初仕事

これまでのストーリーはこちら >>

(第2週:おにぎりに恋をして・最終話)

 

そう言われてみれば、長く濃いびっしりと生えそろったまつげや、ひげのないつるんとした口元は女の子のようだけれど。それにアルゴリズム女ってなんだ?

「特技はなに」

「え?」

「なにができるかって聞いてるの」

「えっと、文章を書けます。得意かどうかは別なんですけどね、いまは仕事さがしてます。周りから見れば甘えてるかもしれな……」

「質問にだけこたえて。経験は?」

なんとも強引だ。ちょっとこわい。でも、きれい。

「あ、はい。プロダクション夢野で編集をやってました」

「タウン誌を出してるところでしょ。知ってるわ」

そう言いながらイケメン、もとい、オトコマエ女子は、胸元から名刺入れを手早く取り出した。

〈夢野市ふるさと広報課 特命職員 藤田恵〉

「このアドレスに、原稿を送って。市の広報にコラムを書いてもらえない? 夢野に関することならなんでもいい」

「え、いいんですか。わたしなんかで」

なんだかよく分からないけど、仕事がもらえたのだ。記念すべき、初めての署名原稿になるかもしれない。でも戸惑って、次の言葉が出ない。

「やれるの、やれないの」

「はい、やります! がんばります」

思わず椅子から飛び上がってぺこりと頭を下げた。顔を上げたときには、ケイさんは扉をあけていた。

「メール送っといて。よろしく」

ケイさんは、扉を閉めるとき、振り向いてウインクをした。かっこいい。やっぱりちょっとこわいけど。

「莉子ちゃん、驚かせてごめんね。ヤツはいつもあの調子なんだ。妹のケイ。本名はめぐみなんだけど、みんなケイって呼ぶの。そのほうがしっくり来るでしょう」

たしかに言えてる。ハルコさんはやっぱりなぞめいた人だ。

前田さんと店を出ると、太陽があがり、すでに昼の日差しになっていた。水色の空には雲が泳ぎ、小学校のチャイムの音が聞こえる。

「実は、ほかにも留学生が植物をようけ植えていくんですわ。いっぺん、うちの畑、見に来てください。コラムのネタもわんさかありますよ」

「ハアイ、マエダサン、オハヨウゴザイマス」

ブロンド髪で青い目の白人女性が通りかかった。「オーストラリアから来ている留学生ですわ」

「おはよう、キャサリン。学校行くの?行ってらっしゃい。今日の晩御飯は肉じゃがだから、早く帰ってきなさいねえ」。前田さん、留学生のお母さんみたい。

「タクサントレタノデ、ドウゾ」

小さいビニル袋に、緑の葉っぱがわんさと入っていた。袋の口をあけてのぞきこむと、ミントの香りが鼻の穴を突き抜けた。

「彼女は、庭でミントを作ってるんだわ。うちの畑、土がいいのかよく採れてねえ。ほんと、売り物になるくらいなんよ」

「いまからお邪魔してもいいですか?」

「どうぞ、どうぞ。わたすは夕方まで暇ですから、いつでも案内しますよ」

前田さんが顔をくしゃくしゃにして笑った。

「わたしは、一日中、暇です」

2人で笑い声を上げながら、わたしは自転車を引いた。かごに放り込んだミントの葉が入った袋が、風に揺れていた。

(明日の朝より第3週がはじまります。どうぞお楽しみに!)

今日のおすすめレシピ「グレープフルーツと帆立のサラダ」

(ストーリーに関連するおすすめレシピや記事をご紹介します♪)

0373f7d064117fc64fcc117f20f1a45c793a748c.400x0.none
爽やかなサラダがおいしい季節になってきましたね!お話に登場する「ミント」をつかった、グレープフルーツとホタテのサラダ、週末の朝ごはんにいかがですかー?

グレープフルーツと帆立のサラダ」(by:kayさん)

レシピはこちら♪ >>

(この小説は毎朝4時更新です。続きはまた明日!)

★この物語の登場人物
波多野莉子(はたの りこ)・・・一人暮らしのフリーライター。30歳。夢野市で生まれ育つ。
ハルコ・・・朝ごはんだけを出す「カフェ あした」の店主。34歳。莉子に慕われている。

これまでのストーリーはこちら >>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝の小説「あしたの朝ごはん」

毎朝更新。朝ごはんがおいしいカフェを舞台に、主人公が夢をかなえていく日常をつづるストーリー。
Written by

松藤 波

松藤波(まつふじ・なみ)
小説好きが高じて、家事のかたわら創作をする30代の主婦。好きな作家は田辺聖子、角田光代。家族がまだ起きてこない朝、ゆっくりお茶を飲みながら執筆するのが幸せなひととき。趣味は読書と、おいしいランチの店を探すこと。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング