フードコーディネーターさんが作る、おしゃれな和食朝ごはんのコツ

憧れの「和食」で迎える朝。シンプルな分、地味な食卓になってしまう方も多いのでは?今回はフードコーディネーターのMayu*さんの連載「和食ではじまる パパッと朝ごはんのすすめ」から、おしゃれで簡単に用意できる和食朝ごはんのコツをご紹介します♪

おかずは、時間のある時に作り置き

1

和食は、ご飯にお味噌汁、そして様々な種類のおかずが定番のスタイルですが、忙しい朝にたくさん惣菜を用意するのは大変です。そこで、時間のある休日や前日の晩におかずを作ったり、野菜を下準備してタッパーに準備しておきましょう!そうすれば、朝はお皿にならべるだけでOK。もちろん、朝ごはん以外にも大活躍しますよ♪

秋にオススメ「茄子の中華風冷菜」のレシピをチェック>>

もう1品欲しい時は、レンジで調理

2

作り置きのおかず以外にも、あと1品用意したい時もありますよね。そんな時のコツは、2つ。1つは、レンジで調理すること。火を使わず用意できて、焦げてしまったなんて失敗もありません。もう1つは、切るだけの野菜を小鉢に盛ること。特にトマトは、それだけでも美味しく、赤で食卓を華やかにするのでオススメです。

レンチンするだけ「茄子のゴマ味噌がけ」のレシピをチェック>>

一晩漬けておくだけ!

3

作り置きおかずや切る野菜以外にも、実は便利な1品があります。それは、ずばり甘酢漬け!一晩漬けておくだけで、朝には美味しく食べられるように仕上がります。また、冷蔵庫で3カ月程持ち、お酒にも合い、刻めば混ぜご飯や冷奴にもぴったりというのも嬉しいポイント。

「ミョウガの甘酢漬け」のレシピをチェック>>

ご飯は、鍋で炊くと絶品&時短!

4

お鍋でご飯を炊くのは面倒そうですよね…。でも、炊飯器の早炊きよりも早くできあがるって知っていますか?実は、調理時間はたったの25分!また、炊飯器では味わえないツヤツヤの炊きあがりは、1度作ればもう戻れない美味しさ。おかずは、作り置きやレンジで用意している間に調理ができますよ♪

鍋で炊くご飯の魅力を詳しくチェック>>

煮込むだけのスープは体調に合わせて用意

5

おかず、ご飯ともう1品忘れてはいけないのが、汁物。煮込むだけで作れるので準備も簡単ですよね。あたたかい汁物は、体調に合わせて用意するのがおすすめ!疲れ気味や二日酔い明けなら、梅干しを入れたスープで、さっぱりとした朝が迎えられるはずです♪

「梅干しのかき玉スープ」の詳しいレシピをチェック>>

いかがでしたか?ハードルを高く感じる和朝食も、コツをおさえれば美味しく作れますよ。これなら朝が苦手な方でも、快適な朝が迎えられるはずです♪早速実践してみてくださいね。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング