これ1本で料理上手!使える調味料「めんつゆ」でラクうま♪朝食レシピ6選

 

これからの季節、そうめんを筆頭に、食卓に「麺」の出番が多くなりますよね。麺と一緒に買い物かごに入れるのが、「めんつゆ」。お家の冷蔵庫に必ず1本は入っているのではないでしょうか。だしが効いた醤油ベースのめんつゆは、実は調味料としてもとっても優秀!しっかり味を出すだけでなく、みりんや砂糖の風味が味をまろやかにして料理を引き締めてくれます。

そこで今回は、麺につけるだけではもったいない!「めんつゆ」を活用した簡単おいしい♪朝食レシピをご紹介します。

 

そのままイケル!カラフル夏野菜

1

もう一品欲しいときにも重宝しそうな揚げ浸し。素揚げした夏野菜をめんつゆとレモン汁に漬け込むだけのシンプル調理で簡単美味♪栄養満点の夏野菜を揚げているからカロテンの吸収率もアップ!食べたい時に好きなだけ食べられますね。

(常備菜~夏野菜の揚げびたし~ by:makko(北島真澄)さん

レシピを詳しくチェック>>

めんつゆW使いで美味しさアップ

2

温野菜と照り焼きチキンをドーンとのせたボリューム満点の焼うどんはガッツリ食べたい朝におすすめ!焼うどんも照り焼きチキンも味の決め手はめんつゆ。やや甘めのめんつゆはバターとの相性もいいので煮詰めればコクもアップ♪ふわりと広がるバター醤油の香りが食欲をそそります。

(これひと皿で満足!バター醤油やきうどん(冷凍うどんで)照り焼きチキンや野菜もたっぷり by:渡邉美恵子(はーい♪にゃん太のママ)さん

レシピを詳しくチェック>>

めんつゆ風味の漬け卵がたまらない

3

暑い日にぴったりのひんやりビビンパはたっぷりの野菜と豚肉でビタミンもしっかり摂れて食欲が落ちている時の朝食におすすめ!とろりとからむづけ卵が、ポン酢とめんつゆのシンプルな味に変化をつけてくれます。

(ノンオイル★和風ビビンバ by:さちくっかりーさん

レシピを詳しくチェック>>

コラーゲンたっぷり!美容サラダ

4

カロリーや食感を気にして捨ててしまわれがちな鶏皮ですが、実はコラーゲンたっぷりなので捨てないで!一度ボイルした後に茹でているのでカロリーもダウン、臭みも抜けて食べやすくなっています。めんつゆと梅干し、はちみつの特製ドレッシングが後を引く味わいのポイントです。

(鶏皮と貝割れの梅ドレサラダ by:ゆりりんさん

レシピを詳しくチェック>>

火を使わないヘルシー時短レシピ

5

薄切りにしたなすを塩もみし、おろししょうがとめんつゆで和えるだけ!超シンプルなレシピですが、さっぱりしたしょうがの風味としっかりめんつゆ味の染みたなすはご飯との相性もピッタリ♪そのままでもたくさん食べられそうです。

(なすとしょうがのあっさり和え by:ヨアンさん

レシピを詳しくチェック>>

苦味と辛味がクセになる大人の味

6

夏のパワーフード、ゴーヤを1本使った豚キムチはノンオイルでさっぱり&ヘルシー仕立て♪ゴーヤの苦味が得意でない方にもおすすめしたい1品です。醤油ではなくめんつゆで味付けしているので、辛いだけでなくまろやかな風味に仕上がります。コチュジャンを使っても◎!

(ノンオイル★夏の「ゴーヤ豚キムチ」 by:さちくっかりーさん

レシピを詳しくチェック>>

【こちらもオススメ!】「お酢」なら疲労回復に!

7

夏本番を前にいろいろな疲れがたまるこの季節、いつもの朝食にお酢のちょい足しアレンジはいかがですか? お酢のクエン酸はバツグンの疲労回復効果で体内に溜まった疲れの素を分解してくれるので、朝食に取り入れれば1日をスッキリ過ごせそう♪ ただしクエン酸の摂りすぎは逆に太りやすくなるという説もあるので気をつけて!お酢は“ちょい足し”して効果的に摂るのが良さそうです。そこで今回は、いつものメニューにお酢を加えた朝食レシピを集めてみました♪

「ちょい足しお酢レシピ5選」をチェック>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

美肌食マイスターの朝食レシピまとめ

気になるテーマ別・おすすめ朝ごはんレシピまとめ
Written by

宮内美苗(編集部)

美肌食マイスター。
今日の食事が未来の美肌を作る!をモットーに、高い美容費をかけなくても女性がキレイでいられるサポーター的存在でありたいと願い日々活動中。ダイエットアドバイザー、ジュニア野菜ソムリエの資格を併せ持ち、カラダの内側からのスキンケア、食べてキレイになれる情報を発信しています。

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング