朝のパンに合わせたい!3種の「フルーツジャム」レシピ

 

おはようございます!料理研究家・フードコーディネーターの藤井玲子です♪

私は「作りたくなる!わくわくレシピ」をテーマに、パンやお菓子、おうちごはんのレシピを発信したり、オンラインでパンやお菓子の教室を開催したりしています。

今回ご紹介するのは、「3種のフルーツジャム」の作り方です。

夏らしく、さっぱりとした味わいの、ルビーグレープフルーツ、ラズベリー(冷凍)、ブルーベリー(冷凍)は、どれもスーパーで手に入れやすいフルーツばかり!ぜひお試しください。

(※来週はこのジャムとトッピングに使った手作りパンのレシピをご紹介します。どうぞお楽しみに…♪)

さっぱり、おいしい!3種の「フルーツジャム」レシピ

フルーツジャム

材料(作りやすい分量)

【グレープフルーツのジャム】

  • ルビーグレープフルーツ・・・1個
  • グラニュー糖・・・果肉と果汁の50%の量
  • レモン果汁・・・大さじ1

【ラズベリーのジャム】

  • 冷凍ラズベリー・・・150g
  • グラニュー糖・・・90g
  • レモン果汁・・・大さじ1

【ブルーベリーのジャム】

  • 冷凍ブルーベリー・・・150g
  • グラニュー糖・・・75g
  • レモン果汁・・・大さじ1

下準備

びん

保存用の瓶は煮沸消毒をし、しっかりと乾かす

作り方

【グレープフルーツのジャム】

グレープフルーツ

1) ルビーグレープフルーツは皮を剥き、実を一つずつ取り出す。果汁も絞り、鍋に入れる。

グレープフルーツ

2) 鍋に実と果汁の総重量50%のグラニュー糖、レモン果汁を加え、中〜強火で少しとろみがつくまで加熱する。(火加減にもよるが13分前後)

ジャム

3) 火傷に気をつけて、消毒済みの瓶に移し、蓋をする。(熱いうちに逆さにして冷ますと、簡易脱気ができる)

【ラズベリーのジャムとブルーベリーのジャム】

※作り方は共通です。写真はラズベリーのジャムです

ラズベリーのジャム

1) ブルーベリー、ラズベリーも、ルビーグレープフルーツのジャムと同様、グラニュー糖とレモン果汁と一緒に鍋に入れる。

ラズベリーのジャム

2) 中〜強火で少しとろみがつくまで加熱する。(火加減にもよるが7〜8分ほど)

ジャム

3) 火傷に気をつけて消毒済みの瓶に移し、蓋をする。(熱いうちに逆さにして冷ますと、簡易脱気ができる)

ポイント

  • 加熱時間は、火加減によって変わります。ジャムの状態を見て見極めてください
  • 冷めていくにつれて、一緒にとろみがついていくため、煮ている時点でとろみが強いと、冷めた時に固くなってしまいます
  • 簡易脱気につき、保存期間は冷蔵保存で2〜3週間を目安にしてください。(煮沸脱気すれば常温で2〜3ヶ月は保存可能です)
  • 開封後は、カビやすいため、清潔なスプーンですくい、5〜7日を目安に使い切ってください。
  • 保存期間は目安です。状態を見てご自身で判断してください。

※材料の代用や、アレンジに関するご質問はお答えしておりません。ご自身の判断でお楽しみください♪

※レシピの転用・転載は固くお断りします

***

「作ったよ〜!」という写真をInstagramに投稿する際は、@rekonekoのタグ付けと、ハッシュタグ#れこれしぴ(全部ひらがなです!)を付けてお知らせいただけると嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました♪それでは、また次回の更新で。

★最新情報をInstagram @rekoneko で更新中です!ぜひ遊びにきてくださいね♪

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝からわくわく♪手作りパン&簡単アレンジレシピ

料理研究家・フードコーディネーター 藤井玲子さんの手作りパン&簡単アレンジレシピの連載です
Written by

藤井玲子(料理研究家)

(料理研究家・フードコーディネーター)
大手料理教室にて店舗責任者として多数のレッスンを担当。退職後、アシスタントを経て料理研究家として独立。
「作りたくなる!わくわくレシピ」をテーマに毎日のごはんからパン・おやつまで、気軽に作れて美味しい家庭料理のレシピを発信中。
作りやすさ、味・ビジュアルにこだわったレシピが好評。
企業へのレシピ提供、イベントレッスン登壇の他、自身でパンやお菓子、料理写真のオンラインレッスンを開催。
レシピサイト「れこれしぴ」:https://rekoneko.com/
Instagram:@rekoneko
YouTube:cutt.ly/nyDB8EX

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング