キーワードは乾燥!冬に風邪をひく理由と対策をおさらいしよう

 

1月9日:今日は「風邪の日」

新年になり、ますます寒くなってきましたね…!寒くなるとかかりやすくなるのが、風邪。

冬は、寒い場所に長時間いたり、お風呂上がりに塗れた髪のままでいたり、ちょっと油断するとあっという間に風邪をひいてしまいますよね。

風邪気味の女性

でも…なぜ寒い冬になると、風邪をひきやすくなるのでしょうか?

どうして寒いと風邪をひくの?

その理由は、冬の低い気温や乾燥によりウイルスの感染力が強まるのと同時に、人の体の免疫力も落ちてしまうから。

疲労や栄養不足だけでなく、気温が低下すると体温が下がりやすくなり免疫力が落ち、活性化しているウイルスが鼻・のどなどから侵入しやすくなります。

体調がよく免疫力がある場合、人の体はウイルスに抵抗する力がありますが、体が弱っていたり乾燥してると、免疫力が低下してしまい、風邪の症状が起こりやすくなるそうです。

つまり…「寒さそのもの」が風邪を誘発するのではなく、寒さが引き起こす要因(ウイルスの活性化と、人の体の免疫力低下)によって風邪をひきやすくなるんですね。

風邪から身を守るために!この冬取り入れたい3つの習慣

以上のことを踏まえると、風邪を防ぐためにするとよいこと=乾燥を防ぎ、免疫力を高める、ということがわかると思います。具体的には

  • 水分補給をこまめに行い、粘膜の乾燥を防ぐ
  • 加湿器などで空気の乾燥を防ぐ
  • 栄養バランスの整った食事と睡眠で、免疫力の低下をおさえる

などを心がけると良さそうです。

ちなみに私は、いつでも水分補給できるようにマイタンブラーに白湯を入れて持ち歩いています。また、朝は生姜湯を飲んで身体を温めていますよ。

しょうが湯

(私のおすすめは改源しょうが湯 ( https://www.kaigen-pharma.co.jp/product/product4/06_shougayu.html#gsc.tab=0 )です)

バタバタとした年末年始が終わり、疲れが出ている方も多いのではないでしょうか。こういうときだからこそ、いつも以上に水分補給や規則正しい生活・食事を意識し、風邪に負けない体を作りましょう♪

「風邪の日」とは?

寛政7年旧暦1月9日、相撲の横綱谷風梶之助が、江戸全域で猛威を奮ったインフルエンザによって、35連勝のまま現役死したことにちなむ。このことから風邪を「タニカゼ」と呼ぶようになったと伝えられているが、正しくは、谷風が生前に「土俵上でワシを倒すことは出来ない。倒れているところを見たいのなら、ワシが風邪にかかった時に来い」と語った時に流行っていた流感を「タニカゼ」と呼んだものである。死因となった流感は「御猪狩風」と呼ばれたが、後に「タニカゼ」と混同されるようになった。

出典:【みんなの知識 ちょっと便利帳】1月9日 – きょうは何の記念日 ? – 365日・366日の記念日 (benricho.org)

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング