健康診断の結果にドキッ。「中性脂肪」が気になる時にしたいこと3つ

 

10月16日:今日は「中性脂肪の日」

中性脂肪とは、血液中の脂肪のこと。身体のエネルギー源となるため、低すぎても困ってしまいますが、高すぎてしまうと病気に繋がってしまうことも…!

私はもうすぐ会社の健康診断なので、中性脂肪の数値が高くなっていないかドキドキしています。ということで、中性脂肪を下げるためにしたいことを調べてみました。

【1】食物繊維を摂る

食物繊維には、中性脂肪を体内に吸収しにくくする働きがあるのだそう!

海藻サラダ

特に、水溶性の食物繊維(海藻やきのこ、野菜、豆類などに含まれる)には、コレステロールを減らす効果も期待できるのだとか。もちろん、お通じを良くする効果も◎

ダイエット中でもたっぷり食べられる「海藻サラダ」などを積極的に取り入れたいですね。

また、食物繊維のサプリや粉末もおすすめです。私はAmazonで食物繊維の粉末をまとめ買いし、シュガーポットに入れて食卓に置いています。忙しい朝も、さっとスープに入れて飲むことができるので重宝しています。

【2】運動をする

踏み台昇降運動

運動の中でも、中性脂肪をためないためには、特に有酸素運動が効果的だそう。

私は、毎日ウォーキングと軽い筋トレを取り入れています。そして最近は、それに加えて踏み台昇降も始めてみました。

踏み台昇降とは、名前の通り踏み台を昇降する運動法のこと。踏み台はAmazonや楽天などで2,000~3,000円前後で販売されています。

とても地味な運動なのですが、想像以上に汗をかくことができるうえ、達成感もあるのでおすすめ!テレビを見ながら行えるので、忙しくてなかなか運動ができないという方にもおすすめですよ。

【3】中性脂肪が増えにくい食品を取り入れる

最近、コンビニで見かけてすっかりハマってしまったのがこちら。

トリプルヨーグルト|森永乳業 (triple-yogurt.jp)

食後の中性脂肪の上昇をおだやかにしてくれるヨーグルトドリンクです。味わいにクセはなく、普通においしい飲むヨーグルトなので無理なく続けることができますよ。

いかがでしたか?ネットで調べる限り、中性脂肪を貯めない生活習慣は、他にもいろいろありそう。かかりつけのお医者さんにも聞きながら上手に生活に取り入れて、健やかな毎日を送りましょう♪

「中性脂肪の日」とは?

大阪府大阪市に事務局を置く一般社団法人中性脂肪学会が制定。健康診断でよく目にする中性脂肪(トリグリセリド=TG)は身体のエネルギーになる重要な栄養素だが、貯まり過ぎても不足しても病気になる。中性脂肪について学び、知識を深めることでより多くの人に健康になってもらうのが目的。日付は2019年から毎年10月第3土曜日に学術集会、市民公開講座などを開催して中性脂肪の啓発活動を行うことから。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング