煮出す手間いらずで簡単!ダイエット向き「あずき茶」の作り方

 

10月1日:今日は「あずきの日」

今日は、あずきの日。

あんぱんやおまんじゅうなど、普段「あんこ」が入ったパンやお菓子を買うことはあっても、あんこの原料である「あずき」を購入する機会って…お正月以外は、そんなにありませんよね。

私自身もあずきを買うことはめったになかったのですが、先日とあるテレビ番組で知った「あずき茶ダイエット」というダイエット法が気になって!試しに実践してみることにしました。

あずきってどんな栄養があるの?

あずきに含まれている「サポニン」という成分には、コレステロール値が下がる、脂肪が付きにくくなる、血糖値の上昇をゆるやかにする、むくみを軽減する…などの嬉しい効果があると言われています。

また、抗酸化作用のある「ポリフェノール」や、便秘改善に役立つ「食物繊維」も含まれていて、ダイエットにも美容にも嬉しい食材なのだそうです。

ステンレスボトルで簡単!「あずき茶」の作り方

そんなあずきで作るのが「あずき茶」。あんこを作るのは大変ですが、ダイエットに嬉しい「あずき茶」なら、とっても簡単に作れるんですよ。

用意するものは

  • あずき(80グラムくらい)
  • お湯
  • 保温ステンレスボトル

の3つ。

まず、沸騰したお湯を保温ステンレスボトルに入れて、あずきを入れます。軽く振ったら保温ステンレスボトルを横にして置き、一晩寝かせます。なんと、これで出来上がり。そう、煮る必要がないんです!

ボトルに残ったあずきは捨てずに、料理に活用することができますよ。煮てあんこにしてもいいですし、お料理に使っても。私はハンバーグのタネなどに活用しています。

あずき茶は香ばしくて、飲みやすいのが特徴。私は、最初はダイエット目的で飲んでいましたが今では普通に味わいが好きで飲んでいます。まだ飲み始めたばかりですが、確かにむくみが以前よりマシになってきているなぁと感じます(※個人の感想です)。

いかがでしたか?簡単に作れる「あずき茶」、体重増加やむくみに悩んでいる方、ぜひ試してみてくださいね。

「あずきの日」とは?

「古事記」の穀物起源神話にも書かれているほど古くから食べられていたあずき。毎月1日と15日には小豆ご飯を食べる習慣もあったあずき。利尿作用、便通、乳の出にも効果的とされるあずきを食べて健康になってもらえたらと、三重県津市に本社を置き、あずきの製品を扱う井村屋グループ株式会社が制定。日付は毎月1日にあずきを食す習慣を広めたいとの願いから毎月1日とした。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング