糖化を抑制してくれる!?食前に飲む「レモン水」の効果とは

 

12月10日:今日は「糖化の日」

「食後高血糖」って、ご存じですか?

通常、食後は血糖値が上昇し、2時間以内には正常の値に戻ります。ですが、2時間ほど経っても血糖値が高いまま続いてしまうことが…この状態を「食後高血糖」です。

食後高血糖は、糖尿病や動脈硬化、脳卒中などを引き起こす恐れがあるだけでなく、身体の「糖化」を引き起こす原因となってしまうそう。

「糖化」とは、体内にある余分な糖がタンパク質と結合し、老化物質が生成されてしまう現象のこと。若々しい肌や体を保つために、できるだけ防ぎたいのがこの糖化です。

この食後高血糖や糖化を予防する方法はないか調べてみると、「レモンが効果的」という情報が見つかりましたよ。

レモン

手軽に取り入れられる!レモン水の作り方

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社が支援した研究によると、レモン果汁を米飯よりも先に摂取する食事法は、食後高血糖を抑制する結果となったそう。

出典:ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社ホームページ「食前のレモン果汁摂取による食後血糖値抑制効果を確認 糖化ストレス研究会「Glycative Stress Research誌」に掲載」

食後ではなく食前に摂取したときに、この抑制効果が認められたそうです。

食前にレモン果汁を摂取するなら…私のおすすめは「レモン水」!お水や炭酸水に、レモン果汁をいれるだけでOK。レモンを絞るのが面倒なときは、ポッカレモン100を数滴お水に入れて頂いていますよ。

お水にレモンを入れるとスッキリ+さっぱりとした味わいになるため、朝の眠気覚ましにもおすすめ◎

食前に「レモン」を上手に取り入れて、糖化しにくい身体を目指しましょう♪

「糖化の日」とは?

老化の原因物質である「AGE(= Advanced Glycation End Products/終末糖化産物)」。その数値を知ることで病気の予防に役立ててもらおうと、医師やエイジングケアに関連する取組を展開している各種企業・団体で構成されたAGE測定推進協会が制定。AGEはタンパク質と余分な糖が加熱され「糖化」してできる物質で、年齢とともに体内に蓄積され、皮膚の老化や認知症、血管障害などを引き起こすと言われている。日付は糖化(とうか)の語呂合わせから毎月10日に。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング