【今日は○○の日】食事、サプリ、運動…「ビフィズス菌」で腸内環境を整えよう♪

 

12月2日:今日は「ビフィズス菌の日」

ヨーグルト

善玉菌で腸活!

ビフィズス菌といえば、腸内細菌。腸内には細菌が約1,000種類、なんと100兆個も生息していると言われています。

それらの細菌は、善玉菌、日和見菌、悪玉菌の3つに分けることができます。健康な身体を保つには、ビフィズス菌や乳酸菌などの「善玉菌」が占める割合を増やすことが大切。

ビフィズス菌や乳酸菌などは、時々摂取するのではなく、継続して摂り続けることが有効と言われており、ビフィズス菌が豊富に含まれたヨーグルトやヨーグルト飲料を継続的に摂取するのが良さそうです。

「朝は忙しくて、ゆっくりヨーグルトを食べる時間がない!」という方には、便利なサプリメントタイプもありますよ。

生きて届く ビフィズス菌BB536

森永乳業 生きて届く ビフィズス菌BB536 30日分 機能性表示食品 ビヒダス (1秒腸活)

運動も有効!

ダンベルで筋トレする女性

また、適度な運動も腸内細菌が活性化する、と言われています。

毎日善玉菌のエサとなる食事を心がけつつ、ウォーキングや筋トレなどの運動を行うとより腸内細菌が活性化し善玉菌が占める割合を高め、健やかな毎日を送りましょう♪

「ビフィズス菌の日」とは?

ビフィズス菌入りのヨーグルトなどを販売する江崎グリコ株式会社が制定。善玉菌の代表といわれるビフィズス菌入りの食品を食べることでおなかを良い状態に保ち、健康を維持してもらうのが目的。日付はフランスの小児科医のアンリ・ティシェ氏がパリの生物学会でビフィズス菌の発見を発表した日(1899年12月2日)から。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング