あなたは大丈夫?睡眠不足になっていないかチェックする方法

 

9月23日:今日は「ロブサルツマン・パジャマの日」

目覚まし時計

最近すっかり秋めいてきましたね。心地よい気温でクーラー無しでも眠りやすくなり、寝苦しいと感じた夏がずっと昔のように感じます。

眠りといえば、私は以前、「睡眠時間って、何時間がベストなんだろう?」と気になったことがありました。様々な書籍を読み漁ったところ「7時間半がベスト」「8時間が最適」など、本によって言っていることが違って大混乱したことがあります。

そこで、直接睡眠の権威に確認したところ「人によって必要な睡眠の長さには個人差があり、一番長い人と一番短い人とでは4時間ほどの差があります」との回答をいただきました。

「自分のベストな睡眠時間を知る方法」はあるのかどうか?という問いについては「正確に調べるとなると特殊な施設が必要になってくるため簡単には確認できません。ですが、心身の負担となるような睡眠不足を抱えていないか調べることはできますよ」との回答をいただきました。

今回は、その方法をご紹介しますね。

「睡眠不足かどうか?」をチェックする方法

手順はとてもシンプル。目覚ましのアラームをつけず、カーテンを閉め切って眠るだけです。

そして、翌朝自然に目が覚めた時間が、今の自分に必要な睡眠時間となります。

この方法を行うと、目覚ましのアラームやカーテンから漏れる光などの外的要因を全てシャットアウトするので、本当に自分が必要としている睡眠時間を確かめることができるそう。

ちなみに私はこの方法を試す前は、自分のことをショートスリーパーと信じ切っていたこともあり、毎日3~5時間睡眠でした。

ところが、この方法を試してみたところ、なんと7時間半も眠ったのです!

それからというもの、睡眠時間をグッと増やすようにしました。翌朝から何だか脳がすっきりしたというか、視界がクリアになったような意識があり、「ああ、自分は睡眠が足りていなったんだな…」と気づかされました。

ちなみに、季節や環境が変わるごとに最適な睡眠時間は変わるので、時々確認するのがおすすめだそう。私自身、季節の変わり目など1年に4回ほどおこなっていますよ。

ただし…これはあくまでも睡眠不足ではないかどうかを簡易的に確認する方法。睡眠を改善したい場合は、睡眠外来にお伺いすることをおすすめします。

「ロブサルツマン・パジャマの日」とは?

上質なルームウェアブランド「ロブサルツマン」を展開する株式会社ラビオワークスが制定。快適な睡眠をとって免疫力を上げ、日々の健康のためにきちんとパジャマを着て寝てもらうのが目的。日付はこの頃から昼間と夜間の気温差が大きくなり、体調を崩して風邪にかかりやすくなるので、パジャマを着てぐっすりと眠る習慣をスタートさせるのにふさわしい季節の変わり目の「秋分の日」としたもの。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング