腸活+温活に◎心と体をととのえる優等生ベジ「小松菜の中華スープ」

 

表参道のサロンで開催する「ととのえる食事会」が大人気の料理家 鈴木愛さんによる連載「“なんとなく不調”をととのえる。簡単『朝スープ』レシピ♪」では、ご自身の著書『なんとなく不調をととのえるスープ』の中から選んで届けてくれた、朝のからだをととのえる簡単スープレシピを毎週ご紹介します♪

おはようございます。料理家の鈴木 愛です。

毎日寒いですね。今年は秋が短かったので、寒さに慣れる前に真冬を迎えそうな気がしています。

寒いと体が固まりやすく、筋肉や脂肪が縮こまるだけでなく、体内のさまざまな機能も滞りやすくなります。そんなときに食べたいのが「小松菜」のスープにんにく、生姜入りで体も温まりますよ。

カルシウムはほうれん草の3倍以上!「小松菜」を食べよう

冬の寒さでグッと甘みが増す小松菜は、これからが食べ頃。緑黄色野菜が減る時期に、ほうれん草と並んで重宝する野菜です。

特に、カルシウムとβ-カロテンの豊富さに注目。カルシウムはほうれん草の3倍以上ともいわれていて、精神を安定させる作用や、骨粗鬆症予防にも効果が期待できます。

β-カロテンは体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、喉や肺など呼吸器系を守るといわれています。つまり、心と体をととのえる優秀野菜なんです。

小松菜

腸活、アンチエイジングにおすすめ!

小松菜にはビタミンやミネラルが豊富で抗酸化作用があり、アンチエイジングに、動脈硬化の抑制、がん予防に期待できます。食物繊維も多く含まれているので、腸活にもおすすめです。

目覚めすっきり!シャキシャキ食感

小松菜と長ねぎはさっと火を通して、シャキシャキの状態で歯ざわりを楽しみます。香味野菜やごまで中華風にし、相性のよい干ししいたけのもどし汁で旨みをプラス。

前回ご紹介した通り、干ししいたけは体をリセットしてくれるので、ごちそう続きの年末に積極的にとりたい食品です。

にんにく、生姜で寒い朝もポカポカ♪簡単にできる「小松菜の中華スープ」

腸活+温活に◎心と体をととのえる優等生ベジ「小松菜の中華スープ」

材料(2人分)

  • 小松菜 1/4束(50g)
  • 長ねぎ 1/3本
  • 干ししいたけ 1個
  • きくらげ(乾燥) 2枚
  • カンタン昆布だし(※1) 約300ml
  • 生姜(すりおろし) 小さじ1/3
  • にんにく(すりおろし) 小さじ1/5 ※もともと少量ですが、朝食で食べる場合、気になる方はさらに減らしてください
  • 塩 小さじ1/4
  • 醤油 小さじ2

【薬味とトッピング】

  • ごま油(深煎り) 少量
  • 白ごま(煎って軽くする) 適量

※1 カンタン昆布だし(作りやすい量)は、水1リットルを沸かして火を止め、昆布10㎝(8g)を入れて常温まで冷ましたもの。今回のスープには約300ml使います。

作り方

1) 干ししいたけは水でもどして薄切りにし、もどし汁も取っておく。きくらげも水でもどして一口大に切る。小松菜は3㎝長さに切る。長ねぎは3㎝長さの細切りにする。

2) 鍋にカンタン昆布だし、(1)の干ししいたけと干ししいたけのもどし汁、きくらげを入れて中火にかける。温まったら塩、醤油を加えて弱火にし、約5分煮る。

3) (1)の小松菜、長ねぎを加えてさっと煮る。生姜、にんにくを加えて軽く混ぜ、器に盛ってごま油をたらし、白ごまをふる。

もっとおいしくするヒント!

塩はその日の体調に合わせて「おいしい」と感じる量でOK。最後に加減してください。

体にやさしいレシピが満載♪書籍『なんとなく不調をととのえるスープ』

全国書店にて好評発売中!

『なんとなく不調をととのえるスープ』鈴木愛(定価:本体1,500円+税)

冷え、不眠、疲れ、肌荒れ、イライラ……。病気とまではいかない“なんとなく不調”をスープで改善しませんか?

免疫力を高めて病気に負けない体を作るスープ、毒素を出して巡りをよくするスープ、ほてりを解消して熱をさますスープ、などなどスープ52品と一緒に食べたい玄米・胚芽米の季節ご飯5品を掲載。動物性たんぱく質一切なしの、体にやさしいスープ。続けて飲めば、体は必ず変わります!

https://www.amazon.co.jp/dp/4418193308/

★この連載は毎週金曜日に公開します♪(8回連載の予定です)

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

“なんとなく不調”をととのえる。簡単「朝スープ」レシピ♪

朝食で体をととのえよう。身近な材料で作れる簡単スープレシピ
Written by

料理家 鈴木愛

1980年生まれ・東京都出身。映画やCMなどの衣装の仕事を経て食の世界へ。都内自然食レストランや和食店で調理を学ぶ。
2010年から安曇野に移住し、ホリスティックリトリート穂高養生園に勤務。自然に根ざした野菜の調理を学び、季節をベースとした食と体の結びつきを深く意識する。食によって日々を心地よく過ごしてほしいという願いを込めて「冬草」の名前で活動をはじめる。
不定期で東京・表参道のサロン「omotesando atelier」にて「ととのえる食事会」を開催(要予約)
「冬草」Facebookページhttps://www.facebook.com/fuyukusa.gohanya/
書籍「なんとなく不調をととのえるスープ」https://www.amazon.co.jp/dp/4418193308/(2019年11月9日発売)

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング