体を温め、心もととのえる♪豆乳で簡単まろやか「かぶとカリフラワーのスープ」

 

表参道のサロンで開催する「ととのえる食事会」が大人気の料理家 鈴木愛さんによる連載「“なんとなく不調”をととのえる。簡単『朝スープ』レシピ♪」では、鈴木さんが11/9発売の新刊『なんとなく不調をととのえるスープ』の中から選んで届けてくれた、朝のからだをととのえる簡単スープレシピを毎週ご紹介します♪

おはようございます。料理家の鈴木 愛です♪

朝、布団から出るのがちょっとツライ!そんな日が増えてきましたね。こんな季節こそ、あったかスープで体を目覚めさせ、温まってから出かけたいもの。

今日は、先週に引き続き、寒さに負けない体作りに役立つ「温まる野菜」を使った朝スープをご紹介します。

胃腸を温めて消化を促し、冷えを防ぐ「かぶ」

春と秋に旬を迎える「かぶ」。かぶは中医薬学において「温」に分類され、胃腸を温めて消化を助けるといわれています。

定番野菜のにんじんにも同じことが言えますが、温め効果を持つ根菜はそう多くないので、積極的に食べる機会を増やしたいですね。

胃腸を温めて消化を促し、冷えを防ぐ「かぶ」

心を落ち着かせる+免疫力アップ効果も

かぶは食物繊維消化酵素のアミラーゼを多く含むので、便秘胃もたれ胸やけなどの症状にもおすすめ。忘年会シーズンを迎えるにあたって胃腸をととのえておくと、体調が崩れにくくなりますよ。

また、精神を安定させる働きもあるので、何かと気ぜわしい時期にぴったり。スープならば溶け出たビタミンCがきちんととれるので、免疫力アップも期待できます。

口の中でほろほろとくずれるやさしい食感♪

野菜の自然な甘みは体をととのえ、気持ちを安定させてくれるといわれています。今日使う「かぶ」と「カリフラワー」は、どちらもじっくり煮ることで甘みが際立つ野菜。

口の中でほろほろと崩れるくらいまで煮れば、眠たい朝でもすんなり喉を通り、目覚めもスッキリしますよ。

消化を助け、心もととのえる♪豆乳で簡単まろやか「かぶとカリフラワーのスープ」

消化を助け、心もととのえる♪豆乳で簡単まろやか「かぶとカリフラワーのスープ」

ほろほろに崩れる、甘みのあるかぶとカリフラワーで体がほかほかになる一杯。

玉ねぎとにんにくで旨みを底上げし、白味噌を少し加えて、甘みと旨みのバランスを取ります。

材料(2人分)

  • かぶ 1個
  • カリフラワー 30g
  • 玉ねぎ 1/3個
  • にんにく(みじん切り) 小さじ1/4
  • カンタン昆布だし(※1) 約300ml
  • 豆乳 100ml
  • 白味噌 大さじ1
  • 塩 適量
  • ごま油(太白)(※2) 小さじ1

▼薬味とトッピング

黒こしょう 適量

※1 カンタン昆布だし(作りやすい量)は、水1リットルを沸かして火を止め、昆布10㎝(8g)を入れて常温まで冷ましたもの。今回のスープには約300ml使います。

※2 ごま油(太白)は、ごまを焙煎せずに圧搾した油。特有の色や香ばしさがなく、どんな料理にも使えます。ごま油は酸化しにくいのが特徴です。

作り方

1) かぶはくし形切りにする。カリフラワーは小房に分ける。玉ねぎはみじん切りにする。

2) 鍋にごま油、にんにくを入れて弱火にかけ、香りが立ったら(1)の玉ねぎ、塩ひとつまみを加えてじっくり炒めて火を通す。

3) (1)のカリフラワー、塩ひとつまみを加え、カンタン昆布だしをひたひたに注いでゆっくり煮る。カリフラワーが柔らかくなったら、かぶ、残りのカンタン昆布だしを加える。

4) かぶが柔らかくなったら豆乳を加え、ゆっくり混ぜながら温める。火を止めて白味噌、塩小さじ1/4を加えて混ぜる。器に盛って黒こしょうをふる。

もっとおいしくするヒント♪

塩はその日の体調に合わせて「おいしい」と感じる量でOK。最後に加減してください。

体にやさしいレシピが満載♪書籍『なんとなく不調をととのえるスープ』

全国書店にて好評発売中!

『なんとなく不調をととのえるスープ』鈴木愛(定価:本体1,500円+税)

冷え、不眠、疲れ、肌荒れ、イライラ……。病気とまではいかない“なんとなく不調”をスープで改善しませんか?

免疫力を高めて病気に負けない体を作るスープ、毒素を出して巡りをよくするスープ、ほてりを解消して熱をさますスープ、などなどスープ52品と一緒に食べたい玄米・胚芽米の季節ご飯5品を掲載。動物性たんぱく質一切なしの、体にやさしいスープ。続けて飲めば、体は必ず変わります!

https://www.amazon.co.jp/dp/4418193308/

★この連載は毎週金曜日に公開します♪(8回連載の予定です)

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

“なんとなく不調”をととのえる。簡単「朝スープ」レシピ♪

朝食で体をととのえよう。身近な材料で作れる簡単スープレシピ
Written by

料理家 鈴木愛

1980年生まれ・東京都出身。映画やCMなどの衣装の仕事を経て食の世界へ。都内自然食レストランや和食店で調理を学ぶ。
2010年から安曇野に移住し、ホリスティックリトリート穂高養生園に勤務。自然に根ざした野菜の調理を学び、季節をベースとした食と体の結びつきを深く意識する。食によって日々を心地よく過ごしてほしいという願いを込めて「冬草」の名前で活動をはじめる。
不定期で東京・表参道のサロン「omotesando atelier」にて「ととのえる食事会」を開催(要予約)
「冬草」Facebookページhttps://www.facebook.com/fuyukusa.gohanya/
書籍「なんとなく不調をととのえるスープ」https://www.amazon.co.jp/dp/4418193308/(2019年11月9日発売)

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング