年末の胃腸をやさしくケア!とろ~り温まる「白菜の葛汁」

 

表参道のサロンで開催する「ととのえる食事会」が大人気の料理家 鈴木愛さんによる連載「“なんとなく不調”をととのえる。簡単『朝スープ』レシピ♪」では、ご自身の著書『なんとなく不調をととのえるスープ』の中から選んで届けてくれた、朝のからだをととのえる簡単スープレシピを毎週ご紹介します♪

おはようございます。料理家の鈴木 愛です。

クリスマスも終わり、一気に年末ムード。この連載も、ついに最終回となりました。

これまで季節の野菜で作るスープを紹介してきましたが、今回も、冬に欠かせない野菜で作るスープをお伝えします。

風邪対策や胃腸ケアに◎年末は「白菜」の出番!

白菜

冬においしい鍋の名脇役といえば「白菜」です!

やさしい甘みでどんな食材とも相性がよく、使いやすいので、冬に買い置きされる方も多いですよね。

白菜は95%が水分で、栄養素が豊富というわけではありませんが、この時期だからこそ積極的に食べて欲しい野菜なんです。

まず、豊富な水分で呼吸器をうるおし咳やたんを取り風邪やインフルエンザなどの予防にもなります。また、胃腸の不調をととのえる作用があるため、暴飲暴食が続いたときにぴったり。

お腹が重い…と感じるときは、あっさりとした白菜のスープで胃腸を休ませましょう。

食物繊維が豊富なので、便秘解消も期待できますよ。

体をあたためる葛粉はお腹にもやさしい♪

実はこのスープには、もうひとつポイントがあります。それは、主にとろみづけに用いる「葛粉」。

とろみがつくと冷めにくいのはもちろんですが、葛粉には体を温める力もあるので、冷える時期にうれしい素材。

また、整腸作用が強く、消化にもいいので便秘やお腹の風邪のときにもおすすめです。

つまり葛粉は、胃腸を休ませながら、エネルギーが補給できる優秀食材なんですよ。とろみで満足感も得られるので、ダイエット中のかたもぜひお試しください。

白菜のやさしい甘さを生かすシンプルな旨みの「白菜の葛汁」

材料(2人分)

  • 白菜 3~4枚
  • えのきたけ 30g
  • 生しいたけ 1個
  • 塩 適量
  • 醤油 小さじ1/4
  • カンタン昆布だし(※) 400ml
  • 葛粉 10g
  • 薬味とトッピング
  • 生姜(せん切り) 適量

※カンタン昆布だし(作りやすい量)は、水1ℓを沸かして火を止め、昆布10㎝(8g)を入れて常温まで冷ましたもの。

作り方

(1) 白菜は細切りにする。えのきたけは根元を切り落として長さを半分に切る。生しいたけは石づきを切り取って3㎜幅に切る。

(2) 鍋に(1)のえのきたけ、生しいたけ、塩ひとつまみを入れ、カンタン昆布だしをひたひたに注ぎ、蓋をして弱火にかける。火が通ったら白菜を加え、残りのカンタン昆布だしを注ぐ。

(3) 白菜が柔らかくなったら塩小さじ1/3、醤油を加える。葛粉は水20ml(分量外)で溶いて加え、混ぜながらとろみをつける。器に盛って生姜をのせる。

もっとおいしくするポイント!

塩はその日の体調に合わせて「おいしい」と感じる量でOK。最後に加減してください。

やっと冬休み!という方、まだまだお仕事…という方、皆さん体の調子をととのえて、年末年始をお過ごしくださいね。短い間でしたがありがとうございました!

体にやさしいレシピが満載♪書籍『なんとなく不調をととのえるスープ』

全国書店にて好評発売中!

『なんとなく不調をととのえるスープ』鈴木愛(定価:本体1,500円+税)

冷え、不眠、疲れ、肌荒れ、イライラ……。病気とまではいかない“なんとなく不調”をスープで改善しませんか?

免疫力を高めて病気に負けない体を作るスープ、毒素を出して巡りをよくするスープ、ほてりを解消して熱をさますスープ、などなどスープ52品と一緒に食べたい玄米・胚芽米の季節ご飯5品を掲載。動物性たんぱく質一切なしの、体にやさしいスープ。続けて飲めば、体は必ず変わります!

https://www.amazon.co.jp/dp/4418193308/

★この連載は今回で終了となります。鈴木愛さん、すてきなレシピを毎週届けていただき、ありがとうございました!(編集部)

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

“なんとなく不調”をととのえる。簡単「朝スープ」レシピ♪

朝食で体をととのえよう。身近な材料で作れる簡単スープレシピ
Written by

料理家 鈴木愛

1980年生まれ・東京都出身。映画やCMなどの衣装の仕事を経て食の世界へ。都内自然食レストランや和食店で調理を学ぶ。
2010年から安曇野に移住し、ホリスティックリトリート穂高養生園に勤務。自然に根ざした野菜の調理を学び、季節をベースとした食と体の結びつきを深く意識する。食によって日々を心地よく過ごしてほしいという願いを込めて「冬草」の名前で活動をはじめる。
不定期で東京・表参道のサロン「omotesando atelier」にて「ととのえる食事会」を開催(要予約)
「冬草」Facebookページhttps://www.facebook.com/fuyukusa.gohanya/
書籍「なんとなく不調をととのえるスープ」https://www.amazon.co.jp/dp/4418193308/(2019年11月9日発売)

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング