乳製品を使わず簡単♪風邪予防に食べたい「かぼちゃのごま味噌スープ」

 

表参道のサロンで開催する「ととのえる食事会」が大人気の料理家 鈴木愛さんによる新連載「“なんとなく不調”をととのえる。簡単『朝スープ』レシピ♪」がスタート!本連載では、鈴木さんが11/9発売の新刊『なんとなく不調をととのえるスープ』の中から選んで届けてくれた、朝のからだをととのえる簡単スープレシピを毎週ご紹介します♪

はじめまして!おはようございます。料理家の鈴木 愛です。

今日から毎週金曜日の朝に、朝ごはんにもおすすめの「不調をととのえるスープ」をご紹介させていただきます。

季節の変わり目、特に秋から冬にかけては、夏の疲れや寒さなどから体調をくずしやすいとき。季節の野菜を使ったスープで、無理なく体をととのえませんか?

1回目の今日は、寒くなり始めた季節に食べたい、風邪予防におすすめの「かぼちゃ」スープをご紹介します。

秋本番!風邪に負けない体づくりに役立つ「かぼちゃ」

風邪予防に加え“美肌効果”もある「かぼちゃ」

かぼちゃ

季節の野菜といいつつ、今回は1年中手に入る「かぼちゃ」を使います。

夏に採れたかぼちゃを冬至に食べる習慣がありますが、それは緑黄色野菜の少ない冬に、かぼちゃを食べて風邪をひかないように抵抗力をつけたり、寒くなると起こりやすい脳卒中や心筋梗塞を防いだりするため。

また、かぼちゃに含まれるカロテン(ビタミンA)、ビタミンCやEは抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待大!夏に紫外線で受けたダメージを修復するのに役立ちます。

また、血行を促進して体を温め、胃腸の働きを活発にして消化を助ける作用もあります。

乳製品を使わず簡単♪「かぼちゃのごま味噌スープ」

かぼちゃのスープというと、バターや生クリームを使った濃厚なタイプを想像しませんか?

今回ご紹介するこのスープは、乳脂肪分をまったく使わず、ごまや味噌を使用した和風味に仕上げています。

かぼちゃはそれ自体が甘いため、ぼんやりとした味になりがちですが、ごまや味噌を使うことで、香ばしさやコクでキリリと締まり、輪郭がはっきりとした味わいに。

食べ飽きないのもうれしい一杯です♪

乳製品を使わず簡単♪「かぼちゃのごま味噌スープ」

材料(2人分)

  • かぼちゃ 150g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • カンタン昆布だし(※1) 約300ml
  • 塩 ひとつまみ
  • 白ごま 大さじ1
  • 味噌 大さじ1
  • ごま油(太白)(※2) 小さじ1

▼薬味とトッピング

  • 小ねぎ(小口切り) 適量
  • 白ごま 少量

※1 カンタン昆布だし(作りやすい量)は、水1リットルを沸かして火を止め、昆布10㎝(8g)を入れて常温まで冷ましたもの。今回のスープには約300ml使います。

※2 ごま油(太白)は、ごまを焙煎せずに圧搾した油。特有の色や香ばしさがなく、どんな料理にも使えます。ごま油は酸化しにくいのが特徴です。

作り方

1) かぼちゃは種と皮を除いて小さめの一口に切る。玉ねぎは薄切りにする。白ごまはフライパンでから煎りして、大さじ1をすり鉢でよくする。

※白ごまはから煎りしてからすると香ばしくなります。トッピング用の白ごまもあわせて煎るのがおすすめです。

※すり鉢がなければ、煎りごまのすりごまを使ってもOKです。

2) 鍋にごま油を熱し、(1)の玉ねぎ、塩を入れてしんなりするまで弱火で炒める。かぼちゃを加え、カンタン昆布だしをひたひたに注ぎ、蓋をしてゆっくり煮る。

3) かぼちゃが柔らかくなったら火を止め、ハンドブレンダーまたはミキサーなどでなめらかにする。残りの昆布だしを加えて中火にかけ(ミキサーを使った場合は、鍋に戻してから)、濃度を調整する。温まったら火を止める。

4) 味噌を溶き入れ、(1)の白ごまを加える。器に盛って小ねぎをのせて、トッピング用の白ごまをふる。

もっとおいしくするポイント♪

  • 塩味(塩や味噌の量)はその日の体調に合わせて「おいしい」と感じる量でOK。最後に加減してください。
  • スープの濃度は火の入れ具合によって変わります。適度なとろみになるように、カンタン昆布だしの量を調整してください。

体にやさしいレシピが満載♪新刊「なんとなく不調をととのえるスープ』

なんとなく不調をととのえるスープ

11月9日発売!

『なんとなく不調をととのえるスープ』鈴木愛(定価:本体1,500円+税)

冷え、不眠、疲れ、肌荒れ、イライラ…。病気とまではいかない“なんとなく不調”をスープで改善しませんか?

免疫力を高めて病気に負けない体を作るスープ、毒素を出して巡りをよくするスープ、ほてりを解消して熱をさますスープ、などなどスープ52品と一緒に食べたい玄米・胚芽米の季節ご飯5品を掲載。

★この連載は毎週金曜日に公開します♪(8回連載の予定です)

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

“なんとなく不調”をととのえる。簡単「朝スープ」レシピ♪

朝食で体をととのえよう。身近な材料で作れる簡単スープレシピ
Written by

料理家 鈴木愛

1980年生まれ・東京都出身。映画やCMなどの衣装の仕事を経て食の世界へ。都内自然食レストランや和食店で調理を学ぶ。
2010年から安曇野に移住し、ホリスティックリトリート穂高養生園に勤務。自然に根ざした野菜の調理を学び、季節をベースとした食と体の結びつきを深く意識する。食によって日々を心地よく過ごしてほしいという願いを込めて「冬草」の名前で活動をはじめる。
不定期で東京・表参道のサロン「omotesando atelier」にて「ととのえる食事会」を開催(要予約)
「冬草」Facebookページhttps://www.facebook.com/fuyukusa.gohanya/
書籍「なんとなく不調をととのえるスープ」https://www.amazon.co.jp/dp/4418193308/(2019年11月9日発売)

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング