冷え性さんに!甘酒と生姜で簡単「パンケーキ」「ジンジャーラテ」2レシピ

 

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

前回の記事(きのことチーズのオムレツ) はいかがでしたか?お子さんから大人まで食べやすい味で、免疫力アップ効果が期待できるレシピです。ぜひお試しくださいね。

今月の上旬に「立冬」を迎え、季節はいよいよ冬に突入しました。そんな冬の始まりに、内側から体をあたためるレシピをご紹介します。

薬膳的ポイント食材

糀甘酒と生姜

糀甘酒(お米と米麹のみで作られたもの。酒の味はありません)は体を温め、巡りを良くしてくれます。

しょうが

また、生姜は「しょうきょう」と呼ばれる生薬でもあり、生姜の持つ辛味の力で体を温めます。

冷えは女性にとっての大敵です。冷えていると川も凍り、汚れも落ちづらく、人の体も縮こまるように、体内の巡りが悪くなります。巡りの悪い体は冷えを助長し、むくみや生理痛を悪化させる恐れもあります。

今回は、内側からしっかり体を温める「糀甘酒」と「生姜」を使った2レシピをご紹介します。

冷え性さんに!甘酒と生姜で簡単「パンケーキ」「ジンジャーラテ」2レシピ

甘酒ジンジャーラテ

甘酒ジンジャーラテ

材料(1杯分)

  • 牛乳 100ml
  • 糀甘酒 50ml
  • 生姜(すりおろし) 小さじ1
  • シナモンパウダー 適量
  • マシュマロ 2~3個(お好みで)

作り方

1) 牛乳、糀甘酒、生姜をカップに入れ、ふんわりラップをし、600Wのレンジで2分加熱する。

2) 飲む前にシナモンパウダーをふる。好みでちぎったマシュマロを浮かべてもよい。

甘酒と豆腐のパンケーキ

甘酒と豆腐のパンケーキ

材料(7~8cm大、4~5枚分)

  • 薄力粉 100g
  • 糀甘酒 150ml
  • 絹豆腐 50g
  • 生姜(すりおろし) 小さじ2
  • サラダ油 大さじ1
  • ベーキングパウダー 3g

作り方

1) ボウルに薄力粉とベーキングパウダーを合わせ、3~4回に分けながら甘酒を加える。その都度ダマがないようによく混ぜる。

2) 絹豆腐、生姜、 サラダ油も加え、全体が均一になるまで泡立て器ですり混ぜる。

3) フライパンにサラダ油(分量外)をしき、キッチンペーパーで薄くのばす。フライパンが温まったら、(2)をお玉に1杯分ずつ落とす。(※この時高い位置から1点めがけて生地を落とすと、綺麗な丸になります)

4) 弱火でじっくりと焼く。周りが乾いてきたら裏返し同様に焼く。器に盛り、好みのフルーツやシロップ、またはベーコンやソーセージとともにいただく。

ポイント

  • 絹豆腐を入れることでしっとりもちもちの食感に
  • 糀甘酒のみの優しい甘さなので、しょっぱいものと食べても合います
  • 焼いた後は粗熱をとり1つずつラップでくるみ、冷凍保存も可能です

◎Instagramにて薬膳や料理教室について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram:@nanako.yakuzen

☆この連載は【毎週月曜日】に更新します。次回もお楽しみに。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

働く女子の簡単セルフケア朝ごはん

薬膳に詳しい料理家さんに教わる、忙しい朝でもできる「セルフケア」朝ごはんレシピ♪
Written by

料理家 齋藤菜々子

料理家・国際中医薬膳師

IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。アシスタントの傍ら、日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。

Instagram:@nanako.yakuzen

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング